日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


(1) 都市機能を再生する

ア 吸引力のある機能を導入する

(ア) 来街者のために特徴をつくる

○盛岡駅に近い木伏緑地に「啄木であい道」の愛称を付け、道の碑を建立(盛岡市)

○「足利学校」と「鑁阿寺」がある歴史地区を整備(足利市)

○「蔵の会」が街区の整備、各店の整備をし、「蔵の街」を整備(川越市)

○「小布施堂」を中心とし、葛飾北斎の美術館「北斎館」、高井鴻山の隠居宅「脩然楼」、「栗の小径」などの修景事業(長野県小布施町)

○伝統的な土蔵「玉川白壁土蔵群」を再生(倉吉市)

○「天満宮参けい」などいくつかのルートを設定し、平成14年の天満宮千百年祭に向けて天神の湯屋等、歴史的な建造物を復活させ、商店街のにぎわいを創出(大阪市)

○漫画家水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクター彫像(境港市)

○各区の特色を生かしたまちづくり支援事業(北九州市)

 

●計画・構想○実施済み

 

(イ) 来訪者に着目する

●柴又帝釈天、矢切の渡し等の観光スポットをめぐる回遊ルート整備(葛飾区)

●観光ボランティアガイドやレンタサイクルの導入(大垣市)

●彦根城の観光客を街に引き込む「街なか観光」回遊ルート整備(彦根市)

●区画整理と一体の街並み整備による「民話の里」のイメージ強化(遠野市)

 

「街なか観光」の考え方(彦根市)

063-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
424位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
26,845

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.地球温暖化防止に向けての地方公共団体
3.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から