日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地球温暖化防止に向けての地方公共団体

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


前節で述べたとおり、水質汚濁防止法成立当時東京都は国の規制値よりも厳しい排出基準を企業に課した。東京都内の鍍金業者はこの基準をクリヤーするために、他の自治体の鍍金業者よりも費用負担は増加したのである。このときリーケージは起きたであろうか。筆者が聞き取り調査した限りでは、そのような事実はほとんど認められなかった。鍍金業者は集団で排水処理工場を設立などして問題に対処し、都内を離れることはほとんどなかった。筆者の知っている例で排水基準の強化で東京を離れた業者は、都内で操業を続けたくても工場立地規制法の制約で排水施設が作れず、やむなく東京を離れたのであった。

なぜこうした規制強化があっても東京を離れなかったのであろうか。それは規制値をクリヤーするための公害防止投資をしても東京を離れないだけのメリットがあったからである。すなわち東京で操業することには、他の自治体では得られない経済的便益、レントが生じているのである。通常の利潤を越えてレントが生じているから、他の県へ流失しなかったのである。普通の言葉で言えば「地の利」ということである。地の利を帳消しにしないほどの費用ならば、企業は流失しないのである。

 

4 KILAモデルの意味するもの

 

KILAモデルとは

 

神奈川県自治総合研究センター(KILA)と筆者は、温暖化対策で自治体アクターが採りうる手法について共同研究を行った(神奈川県自治総合研究センター1995)。自治体アクターの積み上げ型施策の重要性を認識し、国家アクターとならんで自治体アクターの施策の可能性を追求したかったのである。

その想定ははっきり言って大胆である。現在の法律によって規定されている環境レジームに縛られることなく、自由な発想をもって施策の可能性を考えてみるというものである。従って、自治体アクターによる炭素税や排出権売買のシミュレーションがなされている。現在の法枠組のなかではそのような施策は不可能と言われるかも知れない。しかしいつまでも従来の枠組にとらわれていたのでは、新しい考え方は出てこない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
21,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
3.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から