日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地域防犯活動促進モデル地区活動」事業の実施結果報告書

 事業名 地域防犯活動促進モデル地区活動
 団体名 全国防犯協会連合会 注目度注目度5


発足当時、大牟田警察署管内では、倉永校区、玉川校区、笹原校区、天道校区が自主的な防犯活動を積極的に行っていた。

そこで、4校区でこれまで実施していた、パトロール、環境整備活動等を推進会議あるいは地域安全ニュースなどで積極的に紹介して、他校区の参考とした。

当初、各校区では、どのような活動から取り組んでよいか分からず、会議に明け暮れていたが、夏休みを迎えるころから、他団体との連携によるパトロールを中心として活動が活発となった。

現時点では、顕著な犯罪の減少は見られないが、推進隊員、および地域住民に自主防犯活動の意識が十分盛り上がっており、今後その効果が期待される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,240位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
7,483

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.「地域防犯活動促進モデル地区活動」の報告書
2.行政サービス向上のためのICカードの総合利用に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から