日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤動作の防止に関する調査研究報告書(中間報告)

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


12. 複合環境における影響の調査結果

 

同一環境(電波暗室内)に置かれた機器から放射される電磁波による相互の影響を見るため、電波暗室に4台の供試品を出来るだけ接近させた状態で作動させた。

また(航海船橋内で使用されていると思われる携帯型の電子、電気機器の電磁放射レベル(エミッション)を測定した。測定された機器の種類は次のとおりである。

(1)ノートパソコン FMV-BIBLO 富士通製

(2)ラップトップパソコン PC286LS エプソン製

(3)掃除機 CV-W71 日立製

(4)ディジタルビデオ DCR-VX1000 SONY製

(5)電気ひげそり RM-119 日立製

 

12.1 同一環境内での各供試品の相互の影響について

 

各供試品の対策前の最大電磁放射レベル(エミッション)を次に示す。

(1)ナブテックス受信機:47dBμV/m(482MHz)

(2)電力制御装置:51dBμV/m(28MHz)

(3)スピードコントローラ:42dBμV/m(300MHz)

(4)油分濃度計:64dBμV/m(90MHz)

供試品の配置は図54〜図56のとおりとし、対策前、対策後についてそれぞれ試験を実施したが全く影響は無かった。

 

113-1.gif

 

図54 300mm四方で前面を内側に配置

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
863位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
11,191

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究」の報告書
2.舶用品製造事業場等における品質管理体制に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から