日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(3) 壁面など絶縁物上に機器を取り付ける場合には、接地用金物を金属船体部に溶接し、これに専用接地線で接続する。

(4) 接地用金物及び接地線は、他の電子機器と共用しないこと。

(5) FRP船や木造船では、必ず接地板に接地すること。この場合、船体に取り付けられている接地銅板までの接地導線としては少なくとも幅 100 mm 以上の銅板を使って、接地銅板から機器付近まで配線すること。

また、接地銅板は定尺( 1,200mm×365 mm)の2分の1以上の大きさが必要で、無線機器の場合は専用とすること。

(FRP船のノイズ対策に関連する接地については、「船舶電気装備工事ハンドブック・工事編」の 10.3.3 -2,-3を参照のこと。)

(6) 接地線は、他の電子機器と共用しないこと。

(7) 専用接地線が付属していない場合には、可とう軟銅より線(JCS 222-C)、平編銅線(JCS 236-C)、銅板などを使用する。接地線の断面積は、一般に電源線の導体面積の1/2を標準とする。(<表 2-2-1>参照)

(8) 接地のために防食や錆止めのコーティングを取り除く必要がある場合には、電食防止のため、メーカー指定の方法があればこれに従うこと。局部的にコーティングをはがしたときは、必要な部分を錆止め塗料などで覆い、水や海水による湿食を防止することが望ましい。

 

6-3 船内機器からのノイズ

船舶に装備される機器は、機器内部で発生し船内電源ラインを経由して伝導してくるノイズ、無線設備やレーダーの電波、あるいは他の機器の筐体から放射されるノイズなど無数の電磁妨害波の中で動作している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
222,895

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から