日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第6章 妨害雑音対策等

 

本章では、主として、船内の弱電機器・システムが、他の機器などから電磁的な妨害などを受けた場合でも性能劣化を起こしにくくする方法について記述する。

本章に関連する電磁環境、電波障害などに関する理論的な面については、設計編第12章に記述してあるので参照のこと。

 

6-1 ケーブル相互間のノイズ

通常、機器内部で発生した妨害雑音(以下本章では「ノイズ」という。)は、その機器自体と接続ケーブルによって放射又は結合したりあるいは電源ラインの電路を伝導して他の機器に悪影響を与える。

無線機器やレーダーその他の電子機器などで電波を送信する機器は、低周波数帯から数百メガヘルツ以上の高周波数帯に及ぶノイズを発生する場合がある。一方、逆にノイズによって悪影響を受け易い機器もある。

ノイズの影響を極力減少させるためには、機器とケーブルの配置を適切にし、かつ、完全な接地工事を行う必要がある。

 

6-1-1 ノイズの種類

ケーブル相互間で影響するノイズは、ノルマルモードノイズとコモンモードノイズに分けられる。

?。。・ホ・?゙・?筍シ・ノ・ホ・、・コ(。譱゙ 6-1-1。莉イセネ)

このノイズは、信号源と負荷回路を結ぶ機器の入力信号回路網に直列に発生する起電力をいう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
224,299

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から