日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


296-1.gif

<図 2-5-8>電子機器用丸形コネクタの取付方法

 

2-5-5 同軸ケーブルの接続

同軸ケーブルのユニットへの接続はコネクタにより行われるが、コネクタは一般的にメーカーの支給品であり、その取付方法は工事用図書などに記載されているので、その指示に従う。

高周波同軸ケーブルにコネクタを取り付けるに際しての一般的な注意事項は次のとおりである。

(a) ケーブル外被と絶縁体の切断長さはコネクタの種類によって異なっている。メーカー指定の長さに切り取る。

(b) 外部編組や中心導体を傷つけないようにする。

(c) 中心導体に中心コンタクトをはんだ付けする際、コンタクトの外周にはんだを付け過ぎると、本体に入らなくなる。付け過ぎたはんだを除去するとき、熱によって絶縁体を溶かさないこと。

(d) プラグコネクタを取り付けてから、中心コンタクトが編組とショートしていないことを、テスタで確認する。

(e) がい装ケーブルの場合は、プラグコネクタの手前でがい装を切断し、がい装を解きほぐし結束させ接地用リード線をはんだ付けして引き出す。

船舶で一般的に用いられているプラグコネクタ(接栓)の結線方法を次に示す。

(1) N形同軸コネクタ

N形同軸コネクタ(NP-10U)と同軸ケーブル(RG-10/U,RG-10/UY)の結線方法の一例を<図 2-5-9>によって次に説明する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,377成果物中)

成果物アクセス数
266,105

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月10日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から