日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2-5-4 端末結線処理

ケーブルの端末結線処理は、圧着端子による結線や、同軸ケーブルなどへの各種コネクタ類での接続が多い。特殊な工事の場合は、その材料、コネクタ類はメーカー支給品であるのが普通である。

コネクタ類の取付方法や端末結線については、メーカーの工事用図書の指示に従って確実に行うことが重要である。誤った結線は機器の破損を招くことになる。

なお、端末結線は、圧着端子がよく用いられるが、銅管端子やソルダレス端子、はんだ付けタイプの端子が使用される場合もある。

(1) 圧着端子の取付け

圧着端子の取付方法は、次のとおりである。

(a) 導体絶縁ゴムを除去する。除去する長さは、原則として、端子取付後に心線導体が約1mm程度接続側に出る長さとする。この場合、心線導体を損傷しないように注意する。

(b) 圧着端子は心線導体の太さに適合したものを使用し、圧着工具は、端子メーカー指定のものを使用する。

(c) 番号スリーブは、機器結線部の端子番号と一致させる。多心ケーブルの場合で、保護テープに番号が付記されているものを機器結線部の端子番号と一致させて結線するときは、番号付スリーブを使用しなくてもよい。

(d) 圧着が完了したら、端子が抜けたりしないことを必ず確認する。特に心線導体が細いケーブルに圧着端子を装着する場合には、十分注意し、必要により、心線導体を二重に折り返してから行う。

圧着端子の取付方法の一例を<図 2-5-5>に示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
225,418

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から