日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(b) 閉鎖形のケーブルトランク、ダクト又は管内に布設する場合にあっては、ケーブルの出入口は、A級又はB級防火仕切りの電線貫通部と同等以上の延焼防止措置を講じて封鎖すること。

(c) 前(a)の措置は、下記の位置にも施すこと。ただし、つばの厚さは各盤の外被を構成する鋼板の板厚を超える必要はない。

-主及び非常配電盤のケーブル出入ロ

-主推進装置及び重要補機の集中制御盤のケーブル出入ロ

-機関制御室のケーブル出入ロ

(d) 車両甲板を除く貨物区域にあっては、(a)に示す位置にかかわらず、隔壁、甲板等の仕切り壁の電線貫通部において、(a)に示す延焼防止措置を施すものとする。

なお、ケーブルの延焼を防止する方法が(a)〜(d)に規定する方法と同等以上の効力を有すると認められる場合には、その延焼防止工法によることができる。

 

2-2-3 ケーブルの接地

弱電機器へのケーブルの導入部におけるケーブルの接地や空中線部の接地については、第4〜5章及びメーカーの工事用図書などによることとし、ここでは、一般的な接地方法及び注意事項を述べる。

(1) ケーブルの金属被覆は、その両端において接地させなければならない。ただし、最終分岐電路は一端のみ接地すればよい。(船舶設備規程第263 条)

技術上又は保安上の理由によって行われる接地工事(制御・計装用ケーブル、無機絶縁ケーブル、本質安全回路、制御回路など)では、1点接地を行うことが認められる。

(2) 接地接続は、ケーブルの電流定格に応じた断面積をもつ導体(<表 2-2-1>参照)、又はケーブルの金属被覆をつかむ金属クランプのような同等効果のある方法によって行われ、金属船体部に接続しなければならない。ケーブルの金属被覆は、接地目的のために設けられ、かつ、有効な接地が行われるように設計されたグランドによって接地してもよい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
222,591

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から