日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


走航中の船体位置と発生雑音レベルを実測した例を<図12.5.4>に示す。ある深度の海底に設置したハイドロホンの上を走行した17卜ンのFRP船から発生した雑音で、周波数により多少の分布が異なることが分かる。船の構造、大きさ、波と風の状況、船速などで船舶雑音の大きさやスペクトルが異なるので船ごとに雑音を測定して最も小さい位置にソナーを取り付けることが望ましい。

 

12.6 電波障害への対策例

電気回路の配線はインダクタンスを持ちコイルとなり、大地や基盤との間にコンデンサーを形成する。シールドケーブルからも電波が漏れてアンテナとなる。アース(接地)も抵抗を持ち電圧を発生する。妨害波は種々の経路、周波数、電力、波形、時間、到来方向をもつのですべてに有効な対策は困難である。一般的にはシールド線、遮蔽、有効な接地をとるなど機器の設計や製作上で対策をとる場合と、フィルターや信号処理などの部品やソフトにより対策をとる場合とがある。いずれもイミュニティに強い機器とする対策がケースバイケースで取られなければならない。

 

12.6.1 遮蔽(シールド)による対策

(1) 静電シールド-静電誘導を遮蔽するため回路や装置を金属導体板や金網で包む。電源トランスの1次と2次巻き線間に銅箔を挿んで高周波の誘導妨害を減少させるなどの対策が取られている。

(2) 磁気シールド-外部磁界の妨害に対して高透磁率材料のシールドをする。低い周波数の磁気シールドは困難である。

(3) 電磁シールド-電波妨害に対する遮蔽で、高導電率材料が用いられる。高周波になると材料の抵抗が高くなる。また、接続部の影響なども増加する。最近は<図12.6.1>の導電性プラスチックも使用される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
225,418

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から