日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


制御・表示盤は、操舵室、火災制御室、機関制御室などに設けられ、探知器が作動した場合に、火災の発生及びその位置を探知区域ごと(*)に自動的に表示し、警報を発するような機能を備えている。

(*)火災場所の表示は、早期発見と処置の観点からすると、探知器ごとにするのが理想的であるが、大型船の場合、装備する探知器の数が多くなり表示盤が大型になることや発見に手間取ることなどから、これまでは、探知器をグループ化し探知区域ごとに表示を行っていた。しかしながら、近年、電子機器の発展により、コンピュータの使用により小型化され、探知器ごとに表示できるような装置も製品化されている。

なお、船舶の火災、特に機関室内の火災が後を絶たないが、火災によるリスクを軽減する目的で集中的に火災を制御できる“付加的な消防設備”を設ける場合の標準がNKにより制定されている。この標準は、規則で設置要件のある設備に加え、機関室内で発生する火災の“モニター装置及び局所消火装置”などの設備を要求し、これらすべての防火、消火設備を総合的火災制御場所から集中的に遠隔監視及び遠隔制御することにより、火災発生を早期に知り、安全で迅速な初期消火を行えることを目指したものである。

 

7.2.3 消火剤放出警報

消火剤放出警報は、区域への消火剤の緊急放出の警告を与える警報である。消火剤としては炭酸ガスや泡が使用されているが、炭酸ガスの場合は、人間にとって危険な薬剤であるので、放出前に可聴警報を発生させ、一定の遅延時間(人が放出区域を脱出するに要する時間=20秒以上)の後に作動させる必要がある。

本装置は、消火装置の起動装置からの信号(リミットスイッチなど)と放出区域内の人に警告を与える可聴警報装置とで構成される。

なお、消火剤放出警報を発する時には、火災の延焼を防止するため、非常停止装置と連動させてファンや燃料ポンプなどを停止させるようにする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
224,631

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から