日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


静止衛星から送信される12 GHz帯の電波はBSアンテナで受信され、BSコンバータ内の低雑音増幅器で増幅された後に1GHz帯のBS-IF信号に周波数変換して出力され、船内のBSチューナや船内共同視聴システムに供給される。12GHz帯の電波は直進性が良く光に近い性質を持っているので、雷雨や集中豪雨など激しい降雨時には一時的に受信不良となることがある。

日本の衛星放送の電波は、日本の地形に合わせてパターンを絞って放送されている。

特にハイビジョン放送は、MUSE方式(多重サブナイキストサンプリング)と呼ぶ信号処理方式(1枚の画面を4画面に分解して送信し受信側で合成する)を採用しているため普通のBS放送より大きなCN比(*)が必要なため受信エリアは狭くなる。

(*)CN比とは、受信アンテナのコンバータ出力における搬送波(Carrier)電力と27MHz帯の雑音(Noise)電力との比で、デシベルで表わされる。

衛星放送にはこのほか通信衛星を利用したもの(CS放送)があり、衛星位置及び使用電波が異なるので、専用の受信装置が必要となる。これら衛星利用の放送はアナログ方式からデジタル方式へと順次移行されており、画像品質などサービスの向上が図られている。

「BS」受信装置の構成の一例を<図 5.5.1>に示す。

 

138-1.gif

<図 5.5.1>「BS」受信装置の構成

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(30,729成果物中)

成果物アクセス数
223,538

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月13日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から