日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2.2.3 配置及び表示

-1. 非常電源は、次に掲げる要件に適合する場所に配置する。

(1) 最上層の全通甲板の上方であること。

(2) 主電源、これと関連する変圧器もしくは主配電盤を設けた場所又は特定機関区域内の各場所の外部であって、これらの場所の火災その他の災害による影響をできる限り受けない場所であること。ただし、係留船にあっては、管海官庁が当該係留船の大きさ、構造などを考慮してやむを得ないと認める場合は、この限りではない。

(3) 船首隔壁の後方であること。

(4) 暴露甲板から容易に近づき得る場所であること。

-2. 非常配電盤は、次に掲げる要件を満足する必要がある。

(1) 非常電源を制御する非常配電盤は、非常電源にできる限り近接した場所に設けること。

(2) 非常電源が発電機である場合には、非常配電盤は、その操作が害されない限り、非常電源と同一の場所に設けること。

(3) 非常電源として装備される蓄電池は、非常配電盤と同一の場所に設けないこと。

(4) 主電源又は非常電源からの給電が停止したときに自動的に給電するための切換装置は、非常配電盤に設けること。

(5) 通常の状態において主配電盤から非常配電盤へ給電する場合には、管海官庁が適当と認める非常配電盤を保護するための措置を講じること。

船舶検査心得によると「管海官庁が適当と認める非常配電盤を保護するための措置」とは、次に掲げるものをいう。

(a) 過負荷及び短絡に対して主配電盤側において保護され、かつ、非常配電盤において自動的に切り離すことができる中間接続フィーダーにより主配電盤から給電する。

(b) フィードバック操作(主電源喪失時、非常配電盤から主配電盤へ給電すること。)を行うよう措置されている場合には、中間接続フィーダーは、少なくとも短絡に対し、非常配電盤においても保護する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
265,701

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から