日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


<表 1.5.2>その他の航海用機器の搭載要件

034-1.gif

(注1)次のいずれかの場合、省略できる。1]ジャイロコンパスのレピータを備える場合。ただし、国際航海に従事する総トン数500トン以上の船舶を除く。2]航行区域が沿海区域である総トン数200トン未満(国際航海の場合は総トン数150トン未満)の船舶であって、概ね船の前方180度の物標方位測定が可能な操舵磁気コンパスを備えている場合。

(注2)次のいずれかの場合、省略できる。1]反映式磁気コンパスを備え付けている場合。2]ジャイロコンパス又はそのレピータを備え付けている場合。ただし、総トン数150トン未満の船舶に限る。

(注3)次のいずれかの場合、省略できる。1]ジャイロコンパスを備え付けている場合。2]船舶が、沿海区域を航行区域とするものである場合。ただし、(注1)の2]又は(注1)の1]により磁気コンパスを省略している場合は、この限りでない。3]基準コンパスの羅盆と操舵磁気コンパスの羅盆が互換性を有する場合。

(注4)非国際航海船で、航行区域が遠洋、近海又は沿海(沿海を航行する帆船を除く。)のものは、次の測程機械を備えなければならない。:最大航海速力が20ノットを超えるものは船底測程機械又はGPS受信機及び潮汐表、10ノットを超え20ノット以下のものは曳航式測程機械又は船底測程機械、10ノット以下のもの並びに瀬戸内海のみを航行する船舶及び沿海区域における航行予定時間が2時間未満の船舶は手用測程具及び砂時計。ただし、航行区域が沿海のものは、甲種レーダー又は20海里以遠の陸地などが表示可能なレーダーを搭載し、かつ、最高速力が12ノット以下である場合には、測程機械を省略してよい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
224,631

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から