日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


参考:バイポーラ(Bipolar)とは、「二つの極性」という意味があり、動作として電子の正孔の両方を作るのでバイポーラという。これに対して、電子か正孔かのどちらかだけの電流を運ぶ役目をするもニポーラ(Unipolar)といい、MOSがこれにあたる。

 

6・4・1 TTL

TTLはディジタルICのうち現在最も広く利用されている。TTLの特長としては、動作速度が速い、品種が多い(ファミリーが豊富である)、使いやすいなどがあげられ、欠点としては消費電力が大きい、電源電圧に対するノイズマージンが少ないなどがあげられる。世界中のメーカーからTTLが出されているが、アメリカTI(Texas Instruments )社の54/74シリーズが現在のTTLの大勢を示している。他社のTTLはこのシリーズと互換性をもたせたものが多いので54/74シリーズについて述べる。54/74シリーズのファミリには次の5種がある。

標準形        SN54/74シリーズ

高速形        SN54H/SN74Hシリーズ

低電力形       SN54L/SN74Lシリーズ

ショットキ形     SN54S/SN74Sシリーズ

低電力ショットキ形  SN54LS/SN74LSシリーズ

TI社では74シリーズは一般工業用として0℃〜70℃の範囲の動作を保証している。

54シリーズの方は-55℃〜125℃の範囲の特性が保証されている。

一方、日立製作所の74シリーズでは-20℃〜75℃の範囲の動作を保証している。このようにメーカーによって規格の異なる点が若干あるので、使用の際にはカタログで確認した方がよい。

これら5種類のファミリは、それぞれが互換性があるばかりか、代表的な特性も共通である。

供給電圧       5.0V

論理“0”出力電圧  0.2V

論理“1”出力電圧  3.0V

雑音感受度      1.0V

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
122,713

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から