日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


109-1.gif

図5・37 周波数変調波の復調

 

(3)FSK変復調回路

船舶用無線装置において利用されているFSK通信はナゾテックス、ディジタル選択呼出(DSC)、狭帯域直接印刷電信(NBDP)であるが、SSB無線電話と共用するため、SSB送信機の入力に可聴周波数を加えてその周波数に周波数偏移キーイングを行う方法が、一般的に採られている。この中心可聴周波数はHF及びMFを使用するものについては1700Hzと決められている。偏移周波数は±85Hzであるので、状態“1"の場合が1615Hz、状態“0"の場合が1785Hzとすることも決められている。したがって変調回路としてはDSC、NBDP等の端末装置より出力される“1"と“0"の直流信号を1700Hz-85Hz,1700Hz+85Hzの信号にしてSSB送信機に入力するものであり、復調回路は逆にSSB受信機から出力される1615Hz及び1785HzもFS信号を“1"と“0"の直流信号に換え端末装置に出力するものである。

 

5・3・3 位相変調(PM;Phase Modulation)

位相変調は信号波に従って搬送波の位相を変化させる変調方式である。いま搬送波をv=Vcosωt、信号波をvp=VpcosΩtとすると変調波の位相はγpVpcosΩtとなる。

ここにγpは比例定数である。したがって位相変調波は

vm=VCos(ωt + Ωd cosΩt)   (5・24)

となる。ただしΩd=γp Vpである。位相変調波形は図5・26(a)のとおりである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
122,758

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から