日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・4 交流、ビデオ信号およびパルス波

上図2・1と図2・2では、その電源に電池の図が描いてあり、このような電池で発生させる電圧はその電圧が一定の(電池が弱らない限り)直流電圧で、オームの法則の式に示したP、E、Iの電力、電圧および電流はいずれも時間的に変化のない直流電力、直流電圧及び直流電流である。図2・3(a) は直流の電圧を示す。

これに対して一般の家庭に供給されている電気は交流であって、この場合の電圧や電流は図2・3(b) に示すように時間的変化をしている。このような交流は家庭用の電力だけではなく、耳で聞ける音から電波の元となる高周波の信号まで、その振動の速さの差はあるがいずれも同じような性質をもっている。この図(b) のような電圧の規則正しい変化に対して図(c) に示すような不規則な変化をする交流もある。また、これらの交流と直流とを合成すると図の(d) に示すような脈流が得られる。これらに対して図(e) に示すように、ある時間に急に電圧が加わる波形をパルス波と呼び、(e)の直流のものと、(f)のようにゼロレベルが、(-)または(+)のときもある交流のパルス波形もある。パルス波は第1章にも述べたようにレーダーでよく使用される。なお、図ではパルスの波形で描かれているが必ずしもこのような方形波である必要はなく、その上部が丸い形のものも多い。

図2・4に正弦波交流の波形を示す。この波形は図の左にあるように円の半径が回転したときの、その高さの投影である。この電圧波形の振幅の時間的な変化は

e=Esin θ

で与えられる。こゝで、θは円の半径の回転における図の0位置からの角度であり、Eは振幅が最大のところの電圧である。このような波形が連続して繰り返されるが、図に示すその1サイクルの長さを周期Tとすると、この波形は毎秒1/T回繰り返され、このときf=1/Tを交流の周波数という。

円のほうの図で、角θは時間tとともに変化をするが、その変化をθ=ωtで表せば、このωは角速度と呼ばれる値で、周期Tで 360°、ラジアンという角度の単位では2πだけ回転するのでωT=2πとなり、ω=2π/T=2πfの関係が得られる。したがって、

 

e=Esin〔θ〕=Esin〔ωt〕=Esin〔2πft〕   (2・6)

 

の関係がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
122,713

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から