日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

教育用小冊子「血圧測定に必要な循環生理学の知識」

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


 また,何度も繰り返して測るときには,3分ぐらいの間をおくようにするほうがよいといわれているが,これは繰り返し測定している間に前腕の血管容積が次第に増大して,K音が聴きとりにくくなるためである。しかし上述の上肢挙上法を用いれば続けて測定してもなんら問題はない。

E 自動血圧測定法

1.自動血圧測定法の必要性

 現在でもほとんどの医師は水銀血圧計,あるいはアネロイド血圧計を用いて診察室での測定を行っているが,このような血圧測定法を一般のひとびとに広めようとする試みが30年前より進められ,そのことによって二つの大きな変化が現れた。一つはそのことによって一般のひとびとが血圧に対して強い関心を示すようになったことと,もうひとつは医師の患者に対する態度が,これまでの一方向的なあり方から,患者より情報の提供を受けるといった,より柔軟な姿勢に変わってきたことである。しかし,実際には医用電子機器の著しい発達に伴って,より簡便に自動測定ができるようになって,今日ではほとんどの自己測定が全自動の血圧計で行われるようになっている。
 およそ20年前にわれわれが行った調査でも,聴診法で測定の指導を受けた者の中から,2〜3年の経過で自動血圧計の使用へ移行する傾向がみられており,このことはごく自然ななりゆきと考えられる。聴診法を用いた自己測定では,ポンプによる加圧に伴う手の労作,目盛りの読みとり,減圧のための指によるネジ操作,K音の聴きとりといった一連の動作を短い時間で同時に行うことは,とくに高齢者でなんらかの感覚障害を有し,指先のこまかい仕事を行いにくくなっているものにとっては,自己測定自体がストレスになりうることからも適切な方法であるとはいえない。
 そのほかにも学校や会社などでの集団健診において,決められた時間内で多くの対象者に血圧の測定を行うということは,測定者にとっても心身的に大きな負担であり,測定ミスを誘う原因にもなりうることから,データの解析も含めた自動測定機器がこのような場面で用いられることが多くなっている。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
29位
(30,235成果物中)

成果物アクセス数
255,092

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年9月22日

関連する他の成果物

1.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
3.教育用小冊子「変わっていく医療と信頼性ある診療・看護記録の活用の仕方」
4.教育用小冊子「セント・クリストファーズ・ホスピスに学ぶ 緩和ケア医療とチームケア」
5.教育用小冊子「ボランティアのためのターミナルケア講座 いのちの終わりに愛と癒し」
6.教育用パンフレット 家庭介護のコツ?「排泄のお世話」
7.教育用パンフレット「やけど(熱傷)?やけどの深さによってその対応も異なります?」
8.教育用パンフレット「新老人?実りのある第三の人生のために?」
9.ピースハウスホスピス教育研究所 事業年報1998
10.新潟大学医学部附属病院、県立がんセンター新潟病院 訪問報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から