日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

教育用小冊子「血圧測定に必要な循環生理学の知識」

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


 ストレスは交感神経機能の亢進 レニン・アンジオテンシンの過剰,そして,腎の濾過面積を減少させる。他方,全末梢抵抗についてみると,これには細動脈で代表される抵抗血管の機能と構造が大きく関連してくる。機能の異常としては交感神経の緊張亢進,レニン・アンジオテンシンの過剰,血管内皮機能の障害と内皮由来血管拡張因子の異常が主として関与し,抵抗血管(細動脈)の構造異常としては,交感神経緊張の亢進,過剰なレニン・アンジオテンシン,肥満を介する高インスリン血症などが血管平滑筋の肥大を生じる。また,遺伝的な要因は抵抗血管の内皮機能に異常をきたし,細動脈の機能と形態の変化に影響する。
 これらをまとめ,治療へのアプローチも含めた高血圧症の発症を模式的に示すと図45のようになる。基本的な循環調節のシステムを中心にして,遺伝的要因と環境要因とが影響するが,当然のことながら遺伝的要因は環境要因にも強い影響を及ぼす。環境要因には食塩の過剰摂取,肥満,飲酒過剰,運動不足,ストレスが挙げられる。遺伝要因に対する有効なアプローチは現在のところないが,将来人間のゲノムの解析が完全に行われるようになれば,高血圧のリスクの高い者がより適切に診断されるので,これらが高リスク者として環境要因の矯正の対象とされるほか,薬物療法の開始もより積極的に,かつ早期に開始されるようになると思われる。環境要因の矯正は生活習慣の変容(lifestyle modification:LSM)として1993年のJNC-V以来広く認められた治療法となっているが,どのような対象者にどのようなプログラムを,どのように適用するのが最適であるのかが,効果的な結果を得るために必要となる。そして,薬物療法はこれらのLSMが効果を示さない場合に開始されることになる。

図45 血圧上昇の機序

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
29位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
257,611

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
3.教育用小冊子「変わっていく医療と信頼性ある診療・看護記録の活用の仕方」
4.教育用小冊子「セント・クリストファーズ・ホスピスに学ぶ 緩和ケア医療とチームケア」
5.教育用小冊子「ボランティアのためのターミナルケア講座 いのちの終わりに愛と癒し」
6.教育用パンフレット 家庭介護のコツ?「排泄のお世話」
7.教育用パンフレット「やけど(熱傷)?やけどの深さによってその対応も異なります?」
8.教育用パンフレット「新老人?実りのある第三の人生のために?」
9.ピースハウスホスピス教育研究所 事業年報1998
10.新潟大学医学部附属病院、県立がんセンター新潟病院 訪問報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から