日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

教育用小冊子「血圧測定に必要な循環生理学の知識」

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


仰臥位で下半身に陰圧を加えると,立位のときと同じ循環反応を生じ,これを繰り返し行っていると,起立性調節障害が起こりにくくなることから,このような減圧スーツを治療の目的で使用することもある。

3.調圧機能の異常と血圧の動揺

 a)調圧機能の異常はどのようにして生じるか
 以上述べてきた調圧機能の低下が加齢とともに,また血圧の上昇に伴って生じることはよく知られており,従ってこれらの状態では血圧の変動幅が大きくなる。調圧機能の低下がどのようにして生じるか,あるいはそのことが高血圧の発症の原因であるか,結果であるかは依然不明であるが,反射経路のいずれの障害によっても調圧機能の異常が生じうることは多くの動物実験や,人間の種々の病態について知られている。
 大動脈弓や頸動脈洞の血管の動脈硬化性の変化によって,そこに分布する圧受容体やそれに関連した知覚神経の変性や破壊像がみられたり,また高血圧動物では動脈壁のNaや水分の含量が多く,血管壁が伸展しにくくなっているなど,高血圧や動脈硬化の進行によって圧受容器のレベルで生じる異常が調圧機能を低下させることは十分考えられる。これら反射弓の求心路のみでなく,脊髄などの遠心路に障害が生じるときにも血圧調節に異常が生じることは,脊髄の外傷や腫瘍などの患者にみられる急激な高血圧発症と著しい血圧動揺について知られている。
 しかし,先に述べた種々の機能検査で得られる情報は,反射弓全体としての機能を調べるものであって,これらいずれの部位に障害が存在するかは診断できない。とくに,延髄,橋,視床下部など上位中枢神経の機能障害が,血圧調節にどのように影響するかはこれまであまり知られていなかったし,これらの機能異常を人間で検査することはほとんど不可能である。しかし,およそ30年くらい前からこのような問題についての研究が進められ,近年では血圧の調節異常の発現について新しい見解が示されつつある。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
29位
(30,316成果物中)

成果物アクセス数
256,611

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年12月15日

関連する他の成果物

1.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
3.教育用小冊子「変わっていく医療と信頼性ある診療・看護記録の活用の仕方」
4.教育用小冊子「セント・クリストファーズ・ホスピスに学ぶ 緩和ケア医療とチームケア」
5.教育用小冊子「ボランティアのためのターミナルケア講座 いのちの終わりに愛と癒し」
6.教育用パンフレット 家庭介護のコツ?「排泄のお世話」
7.教育用パンフレット「やけど(熱傷)?やけどの深さによってその対応も異なります?」
8.教育用パンフレット「新老人?実りのある第三の人生のために?」
9.ピースハウスホスピス教育研究所 事業年報1998
10.新潟大学医学部附属病院、県立がんセンター新潟病院 訪問報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から