日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教育用小冊子「変わっていく医療と信頼性ある診療・看護記録の活用の仕方」

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


POSとは

 

 POS(Problem Oriented System)というのは,問題解決に重きをおいた診療記録のことです。POSによって医師がどのように患者の病歴を記録し,看護婦あるいはコメディカルが記録するかが問われています。Weedがこのシステムを開発してからすでに30年,私が日本に紹介してからでも20年以上もたっています。Weedは医学生の教育のためにこのシステムを開発しました。これを使って教育するとそれがすなわち研究にもなり,患者の問題解決が合理的・効率的にされると述べています。最初は医師にやってもらいましたが,Dr.Hurstが看護教育にも有効だというので看護への導入を図りました。日本では医師の間よりも看護の分野にこのシステムが普及しました。

 1970年代初頭,日本各地に新設医科大学ができました。その時,日本ではいわゆる医師の書く診療記録がまとまりのない感想文のようなものなのでPOS方式で記載することを勧め,いくつかの大学ではこの方式でカルテを書くようになりました。しかし,それ以前に設立された大学,とくに旧帝国大学はまったく関心を示してはくれませんでした。しかし,徐々にではありますがこのシステムによる記載法が広がり,それにつれて記載の仕方や方法について論議されるようになりました。

 しかし,Dr.Weedがこのシステムを開発してからすでに30年が経過しています。その間,アメリカの医療事情は先にお話ししたように想像も及ばないほど大きな変革を遂げました。

 

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
238位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
42,861

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
3.教育用小冊子「セント・クリストファーズ・ホスピスに学ぶ 緩和ケア医療とチームケア」
4.教育用小冊子「ボランティアのためのターミナルケア講座 いのちの終わりに愛と癒し」
5.教育用小冊子「血圧測定に必要な循環生理学の知識」
6.教育用パンフレット 家庭介護のコツ?「排泄のお世話」
7.教育用パンフレット「やけど(熱傷)?やけどの深さによってその対応も異なります?」
8.教育用パンフレット「新老人?実りのある第三の人生のために?」
9.ピースハウスホスピス教育研究所 事業年報1998
10.障害者専門放送による情報の提供?1998年度下半期番組表?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から