日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教育用小冊子「変わっていく医療と信頼性ある診療・看護記録の活用の仕方」

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


制限される医療費

 

 このような動きは全米に見ることができます。アメリカには日本のような国による国民皆保険の制度がありません。国が面倒を見るのはメディケア(65歳以上や障害者を対象)とメディケイド(貧窮者を対象)という2つの保険だけです。一般の人々は各自がそれぞれ民間の保険に加入して病気に備えているわけです。

 保険会社は営利事業ですから,できるだけ支出を抑えて,採算性をよくし,さらに加入者を増やしたいと思う。保険会社が医療費の支払いをなるべく低く抑えてかかるのは当然でしょう。無駄な医療はなされていないか,よけいなことはしていないかとだんだん医療の中身にまで目を光らせて,医療費の支払いを渋ってきます。これを"管理医療" (managed care)といいます。

 同じように政府も1987年からはふえつづける医療費に音を上げてメディケイド,メディケアの保険の支払いを制限しはじめました。これは"疾患別定額払い方式=DRG"(Diagnosis RelatedGroups)といわれるもので,疾病別に前もって医療費の支払いを決めてしまっているのです。

 病院側はこれらの支払い者側に対抗して,かかった医療費は保険会社のいうがままではなく,要した費用は要しただけ回収していかなければなりません。この力関係をできるだけ有利に運ぶために,医療を提供する側も団結して支払い側と交渉に当たることにしたわけです。

 つまり,アメリカでは,医療機関も激しい競争社会を生き抜いていかなければならなくなったのです。

 

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
238位
(29,250成果物中)

成果物アクセス数
42,861

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月18日

関連する他の成果物

1.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
3.教育用小冊子「セント・クリストファーズ・ホスピスに学ぶ 緩和ケア医療とチームケア」
4.教育用小冊子「ボランティアのためのターミナルケア講座 いのちの終わりに愛と癒し」
5.教育用小冊子「血圧測定に必要な循環生理学の知識」
6.教育用パンフレット 家庭介護のコツ?「排泄のお世話」
7.教育用パンフレット「やけど(熱傷)?やけどの深さによってその対応も異なります?」
8.教育用パンフレット「新老人?実りのある第三の人生のために?」
9.ピースハウスホスピス教育研究所 事業年報1998
10.障害者専門放送による情報の提供?1998年度下半期番組表?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から