日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


■事業の内容

主要都市6カ所において講習会を行い、「危険物船舶運送及び貯蔵規則」に関し、製造者、荷送人及び運送人等が危険物を運送しようとする場合に守らなければならない具体的事項についてこれらの運送関係者に周知徹底を図り、危険物等の安全運送に資するため、以下の事業を実施した。
 [1] 危険物の安全運送に関する講習会
   テキストに基づき、「危険物船舶運送及び貯蔵規則」の規制内容等を周知するため、危険物運送に携わる関係者を対象とした講習会を開催した。
  [1] 講習会の開催
   a.開催場所:小樽、東京、大阪、沖縄、名古屋、及び広島の主要6都市。
   b.開催期間:各1日
   c.派遣内容
    a 講師:学識経験者等4名×6回
   d.講師及び講習内容
    a 運輸省 危険物担当官
       危険物船舶運送及び貯蔵規則について
    b (社)日本化学工業協会 長沼孝及び吉田千秋危険物運送における荷送人の役割について
    c (社)日本船主協会 加藤信宏、白石道也、田島尚純、奥田浩一郎、碇秀之、田邊正彦
       危険物の船舶運送における運送人の役割
    d (社)日本海事検定協会 八十川欣勇、本庄三郎、飛延孝男、池森亨
       危険物運送の国際規則
  [2] テキストの改訂印刷
   a.規格及び部数:A4版(128頁)×1,200部
   b.内 容:守るべき事項並びに運送要件等に関する実務的指針のとりまとめ。
   c.配布先:受講者等
  [3] OHPフィルム
   a.OHPフィルムの製作  カラーA4版×12枚
  [4] 業界新聞等への広告の掲載
   a.本講習会の開催案内広告を関連業界新聞等へ掲載した。
■事業の成果

運輸省の指導の下に海運、造船、化学品製造、港湾荷役、倉庫、海貨、商社等の関係者を集め、「危険物船舶運送及び貯蔵規則」及び国際基準について当局、荷送人、運送人及び専門家の立場から具体的解説を行った。

 危険物の海上運送は年々増加の傾向にあり、当講習会開催により、メーカー又は荷送人にあっては容器検査及び危険物評価試験の要件等を、運送人にあっては積載方法等の要件を十分に理解することが出来た。これら関係者が国際的な危険物に関する勧告であるIMDGコードに基づく国内規則を遵守することにより、危険物の船舶による安全運送がより一層図られることとなった。
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7,605位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
291

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト
2.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から