日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「ノンステップバス普及促進セミナーの実施」の報告書

 事業名 ノンステップバス普及促進セミナーの実施
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


■事業の内容

高齢者や障害者を支える社会システムの整備は重要かつ緊急を課題となっており、公共交通機関における利用円滑化対策推進の必要性はますます高まっている。
 こうした中、最も身近な公共交通機関の一つである路線バスについても利便性の向上のため、さまざまな方策が講じられてきた。
 平成9年3月、我が国で初めてノンステップバスが導入され、より多くの人々の利用に供される路線バスとして、関係者から大きな期待が寄せられている。このノンステップバスは車いす利用者のみならず、高齢者をはじめとするその他の移動制約者、さらには健常者にとっても利用しやすく、従来のリフト付きバスのように、車いす利用者だけのための設備ではない、いわゆる「ユニバーサルデザイン」のバスとして注目を浴びている。
 我が国では、漸く導入が始まったばかりであり、利用者はもとより、バス事業者にとっても、その 情報は少なく、利便性についても充分には理解されていない。
 このため、ノンステップバスの普及促進と人にやさしい交通の実現を図るため、以下の事業を実施した。
 [1] ノンステップバス普及促進セミナーの実施
  [1] 日 時  平成9年11月17日(月)
  [2] 場 所  東京ビックサイト(江東区有明)
  [3] 参加者  296名
  [4] 内 容
   a.学識経験者による基調講演
   b.ノンステップバスメーカーによる説明
   c.導入自治体による説明
   d.交流会
   e.ノンステップバス展示会
 [2] パンフレット、セミナー資料作成
  [1] パンフレット
   a.部 数  3,500部
   b.規 格  A4サイズ
  [2] ポスター
   a.部 数  1,000枚
   b.規 格  B2サイズ2色刷り
  [3] セミナー資料(レジメ)
   a.部 数  500部
   b.規 格  A4サイズ
 [3] 報告書の作成
   a.部 数  100部
   b.規 格  A4サイズ
■事業の成果

本セミナーの実施により、一般利用者はもとより高齢者及び障害者並びにバス事業者、地方自治体及び関係団体等に、ノンステップバスの利便性の理解が図られ、また、本バスに対する強い関心が示されたことにより、ノンステップバスの普及促進並びに人にやさしい交通の実現を図ることができた。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,324位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
319

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.ノンステップ普及セミナー
2.「運輸部門における地球環境問題に関する意識調査」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から