日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海事法令手続早わかり 港則法

 事業名 海事関係者に対する海事知識の啓発
 団体名 日本海事代理士会 注目度注目度5


第7章 雑則

 

第1節 工事又は作業の許可

 

1 港内又は港の境界附近で工事又は作業しようとする者は、港長等の許可を受けなければならないこととなっている(法31条1項)。

ここで、

(1) 「港の境界附近」とは、工事又は作業が当該港における船舶の出入又は在港船に影響を及ぼしうる範囲をいう。

(2)また、「工事又は作業」の中には、定置網漁業を営むためにする定置網の設置、のり・かき・真珠貝等の養殖のためにする竹木材類の敷設、漁礁の設置等も含まれ港長等の許可を要する。

なお、これらの工作物を設置した後の通常の漁ろう活動は、本条の適用対象ではない。また、潜水して行うスクラップ採取、船底清掃等の作業は、本条にいう作業に該当する。

2 工事等の許可申請義務者は、工事又は作業の実施責任者である。すなわち、当該工事又は作業の実施について指揮監督する権限を有する者であり、請負契約を結んで工事又は作業の実施を一任する場合には当該請負った者(元請業者)である。

3 工事等の許可の申請については、工事又は作業の目的、方法、期間及び区域又は場所等を具して、これをしなければならない。

4 工事等の認可申請書の様式は次の第13号様式が定められている。

5 なお、工事等は実施者側により一般への周知が図られるほか、港長等により航行警報等による周知がなされ、また必要に応じて船舶交通の制限又は禁止が行われる。

したがって、工事又は作業の実施される少なくとも1カ月以前に当該許可申請をする必要がある。

6 港長等は工事又は作業の許可をするに当り、船舶交通の安全のために必要な措置を命ずることができるとされている(法31条2項)。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
259位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
40,609

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.Boat&Yacht
2.船舶法及び関係法令の解説
3.「海事関係者に対する海事知識の啓発」の報告書
4.「23ht MARINE WEEK」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から