日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海事法令手続早わかり 港則法

 事業名 海事関係者に対する海事知識の啓発
 団体名 日本海事代理士会 注目度注目度5


第4章 危険物

 

第1節 港長の指揮

 

1 爆発物その他の危険物(当該船舶の使用に供するものを除く。)を積載した船舶は、特定港に入港しようとするときは、港の境界外で港長の指揮を受けなければならないこととなっている(法21条1項)。

ここで、

「当該船舶の使用に供するもの」とは、運搬が目的でなく当該船舶が使用するために積載している危険物をいう。

通常、船舶は、事故発煙信号、信号紅炎等地の法令で備え付けるべきことを義務付けられている火工品や、燃料等の船舶の運航に必要な石油類、調理用のプロパンガス等当該船舶が使用する危険物を積載しており、これらの危険物を積載している船舶についても港長の指揮を受けさせることとするとすべての船舶を対象とすることになりきわめてはん雑であること、またこれらの危険物は当該船舶にとってはおおむね定まった種類、数量でありしかも管理上の責任が船内任務として明確にされていることから必ずしも港長の指揮は必要でないことにより本法にいう「危険物」から除外されている。

そうした趣旨により、たとえば木材くんじょう用の毒物、非破壊検査用の放射性物質等は船舶の使用に供するものには該当しない。

2 爆発物その他の危険物の種類は危険物船舶運送及び貯蔵規則(昭和32年運輸省令第30号)第2条第1号に定める危険物及び同条第1号の2に定めるばら積み液体危険物のうちからこれらの性状、危険の程度等を考慮して「港則法施行規則の危険物の種類を定める告示」(昭和54年運輸省告示第547号)により定められている。

 

第2節 停泊場所の指定

 

1 危険物を積載した船舶は、特定港においては、次の船舶を除いて港長の指定した場所でなければ停泊し、又は停留してはならないこととなっている(法22条)。

(1) びょう地の指定を受けた船舶

(2) 夜間入港の許可を受けた船舶

(3) 移動許可を受けた船舶

(4) 海難回避等のための移動後遅滞なくその旨を港長に届け出て港長から他の場所に移動を命ぜられなかった船舶

(5) 停泊・停留場所を指定されて移動を命ぜられた船舶

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
265位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
39,215

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.Boat&Yacht
2.船舶法及び関係法令の解説
3.「海事関係者に対する海事知識の啓発」の報告書
4.「23ht MARINE WEEK」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から