日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海事法令手続早わかり 港則法

 事業名 海事関係者に対する海事知識の啓発
 団体名 日本海事代理士会 注目度注目度5


第2章 入出港及び停泊

 

第1節 入出港の届出

 

1 船舶は特定港に入港したとき又は、特定港を出港しようとするときは、港長に届け出なければならないこととなっている(法4条)。

ここで、

(1) 「入港したとき」とは、単に港の境界線の内側に入ったときをいうのではなく、荷役、人の乗下船、補給その他の目的をもって港域内において停泊したときをいう。

(2) 「出港しようとするとき」とは、港内に停泊していた船舶が、当該港の外に航海する目的で運航を開始しようとするときをいう。

2 入出港届の提出義務者は船長である。

3 入出港の届出事項等については

(1) 特定港に入港したときは、遅滞なく、次の事項を記載した入港届を提出しなければならない。

イ 船舶の信号符字(信号符字を有しない船舶にあっては、船舶番号)、船舶の名称、種類、国籍及び船籍港

ロ 船舶の総トン数、長さ、きっ水及び航行速力

ハ 船舶所有者(船舶所有者以外の者が当該船舶を運航している場合には、その者)の氏名又は名称及び住所

ニ 仕出港及び直前の寄港地

ホ 入港の日時及び目的並びに停泊場所

へ 積載貨物の種類及び数量

ト 航行中の異変その他船舶交通の安全上参考となる事項

(2) 特定港を出港しようとするときは、次の事項を記載した出港届を提出しなけらばならない。

イ 船舶の信号符字(信号符字を有しない船舶にあっては、船舶番号)、船舶の名称

ロ 種類、国籍及び船籍港、船舶の総トン数、長さ、きっ水及び航行速力、船舶所有者(船舶所有者以外の者が当該船舶を運航している場合には、その者)の氏名又は名称及び住所のうち入港届を提出した後に変更があった事項

ハ 出港の日時並びに次の仕向港及び最終仕向港

(3) 特定港に入港した場合に、出港の日時があらかじめ定まっているときは、入港届及び出港届に代えて、当該届のそれぞれの事項を記載した入出港届を提出してもよい。この場合のきっ水並びに積載貨物の種類及び数量については、入港時のものを記載する。

(4) (3)の入出港届を提出した後、出港の日時に変更があったときは、遅滞なく、その旨を届

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
259位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
40,533

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.Boat&Yacht
2.船舶法及び関係法令の解説
3.「海事関係者に対する海事知識の啓発」の報告書
4.「23ht MARINE WEEK」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から