日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


いるわけである。

伝送方式におけるアナログ,ディジタルは,上述の語源からもわかるように,アナログ伝送方式では情報を「連続値」として扱うのに対し,ディジタル伝送方式では情報を「数値」として扱う。すなわち,振幅変調方式や周波数変調方式に代表されるアナログ伝送方式においては,搬送波の振幅や周波数といったパラメータを,伝達すべき情報に比例して変化させることにより情報伝送を行うものであるのに対し,ディジタル伝送方式においては,搬送波の代わりに一般には繰返しパルスを用い,このパルスの有無によって情報の伝送を行うものである。

 

3・8・2 ディジタル伝送方式の概念

ディジタル伝送方式をわかりやすく要約すると次のようになる。

「代表的なアナログ信号である電話の場合,連続した複雑に変化する信号を1秒間に数千個という,小間にして,その瞬間毎の音声の強さを,それぞれ1個につき数ビットのディジタル符号(通常は8ビット)として相手側に送る。

受信側ではパルスの有無を読み取って,元の音声の強さを再現する方法をディジタル伝送方式という。」

この方法で画像やデータ等の情報も伝送することが可能である。

 

3・8・3 アナログ信号の符号化

前項で述べたごとくアナログ信号をディジタル伝送するためにはアナログ信号をディジタル符号に変換しなければならない。

アナログ信号をディジタル符号に変換するには次の3つの基本的要素があり,信号処理は(イ)→(ロ)→(ハ)の順序で行われる。

(イ)標本化(SAMPLING)

(ロ)量子化(QUANTIZATION)

(ハ)符号化(CODING)

図3・52はディジタル伝送の代表格であるPCM(PULSE CODE MODULATION)の例であるが,この図により前述の信号処理について説明する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
87位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
144,586

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その2)](中級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)艤装工事及び保守整備編
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)法規編
4.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](強電用)
5.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](弱電用)
6.船舶電気装備資格者名簿
7.船舶電気装備技術講座[電装生産管理編](上級用)
8.船舶電気装備技術講座[SOLAS条約と国内関連法規編(電気設備)](上級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](機器保守整備編)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級用)
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その1)](初級用)
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気理論編](初級用)
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級用)
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級用)
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級用)
16.通信講習用 船舶電気装備技術講座[船舶法規編](中級用)
17.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級用)
18.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](基礎理論編)
19.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](装備艤装工事編)
20.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
21.弱電ハンドブックの作成に関する中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から