日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


は非常にせまい範囲の周波数で誘導性となり,発振周波数に対して等価的に図3・18のL2で表される。その周波数に対して図3・17のLT,CTの共振回路が誘導性になるとき,すなわち等価的に図3・18のL1で表されるとき,発振条件を満たし,発振回路となる。水晶振動子が誘導性となる周波数範囲はきわめて狭く,その範囲内のみで発振条件を満たすよう回路を構成すると,周波数の安定な発振回路となる。

 

3・2・3 周波数シンセサイザー回路

シンセサイズ(Synthesize)とは合成するという意味で,周波数シンセサイザーは1つの(又は小数の)高精度,高安定度の発振器より, これと同じ精度,安定度を持つ多くの周波数を合成していくことである。その回路方式はいくつかあるが,現在最も良く使われているPLL回路(Phase Locked Loop Circuit)について説明する。

図3・19に基本的なPLL回路のブロック図を示す。位相検出器の片方の入力に基準となる周波数frefを入力する。この時電圧可変発振器がある周波数で発振していたと仮定し,その周波数foがプログラムカウンターで分周され1/Nfoがfrefより低いか位相が遅れていたとすると位相検出器より低レベル側の出力が出て可変周波数発振器の発振周波数を前より高い周波数で発振させるように働く。逆の場合は低い周波数で発振させるように働く。このようにして何回かfrefと1/Nfoが比較され絶えず位相誤差を無くすようにループが回る。そして最後にはfrefと1/Nfoの位相差は零となる。この結果位相検出器の出力はフローティングの状態になり(位相検出器として利用するICの特性による。)ローパスフィルターの出力レベルは変動しない。この結果電圧可変発振器の発振周波数は前の周波数に等しい。このようにローパスフィルターは高調波成分をろ波するだけでなく電圧の保持機能も果す他,PLLの応答を左右する重要な役割を果しているが,ここでは省略する。

このようにしてプログラマブルカウンターのNを変えることにより,いろいろな周波数を基準発振器と同一の精度と安定度で得ることができる。なお,プログラマブルカウンターのNを変えてから出力周波数がその求める周波数になるまでの引き込み時間や,求める周波数にゆらぎなどなく安定しているかという性能はPLLの回路設計に係わる重要な要素である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
87位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
144,586

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その2)](中級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)艤装工事及び保守整備編
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)法規編
4.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](強電用)
5.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](弱電用)
6.船舶電気装備資格者名簿
7.船舶電気装備技術講座[電装生産管理編](上級用)
8.船舶電気装備技術講座[SOLAS条約と国内関連法規編(電気設備)](上級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](機器保守整備編)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級用)
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その1)](初級用)
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気理論編](初級用)
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級用)
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級用)
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級用)
16.通信講習用 船舶電気装備技術講座[船舶法規編](中級用)
17.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級用)
18.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](基礎理論編)
19.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](装備艤装工事編)
20.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
21.弱電ハンドブックの作成に関する中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から