日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気理論編](初級用)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


138-1.gif

 

8・3・2 制御装置

 

制御装置とは,指針が駆動トルクによって,角度θだけ動き静止するためには,これと釣合った力が必要であって,この力と釣合いを保って初めて静止するようになる。これには

(1)うず巻きばねを利用する方法 (2)重力を利用する方法 (3)うず電流による方法等がある。計器の種類によって最適のものが選ばれている。

 

8・3・3 制動装置

 

8・3・2で述べたように,指針の動きを制御し静止せしめるためには,制御装置だけでは不十分であって,実際にはその指針は行き過ぎ,もどり過ぎを繰り返し,その正規の位置を中心として振動が起こる。これを早く止める装置が制動装置である。これには,(1)うず電流制動法 (2)空気制動法 (3)液体制動法などがある。計器の種類によってその何れかが選ばれている。

 

8・3・4 その他部品

 

以上三要素のほかに,計器の寿命に影響する軸受がある。これにも,宝石軸受,ばね軸受,磁気懸垂式等がある。指針にも,刃形指針,繊条指斜,槍形指針,枠組指針等がある。また,目盛板にも平等目盛,不平等目盛,対数目盛,両偏れ目盛,多重目盛等がある。次に磁界を作るために永久磁石が使用されるため良質の磁気材料が選ばれる。即ち,(1)残留磁気及び保磁力が大きいこと。(2)着磁力,熱振動,磁気的刺激などで強さが減少しないこと。(3)温度係数が小さいこと。(4)寸法が小さくできること。(5)価格が安いこと等が必要条件である。

 

8・4 永久磁石可動コイル形計器

 

8・4・1 直流電流計

 

(1)原理

図8・1において,可動コイルmにiなる電流が流れればNSの磁界内でトル

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
118位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
108,429

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その2)](中級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)艤装工事及び保守整備編
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)法規編
4.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](強電用)
5.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](弱電用)
6.船舶電気装備資格者名簿
7.船舶電気装備技術講座[電装生産管理編](上級用)
8.船舶電気装備技術講座[SOLAS条約と国内関連法規編(電気設備)](上級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](機器保守整備編)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級用)
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その1)](初級用)
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級用)
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級用)
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級用)
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[船舶法規編](中級用)
16.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級用)
17.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](基礎理論編)
18.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](装備艤装工事編)
19.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)基礎理論編
20.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
21.弱電ハンドブックの作成に関する中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から