日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気理論編](初級用)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


図3・1(a)のように,帯電しているAの附近に導体Bをおけば,Bは静電誘導によって帯電する。これを防ぐためには図3・2(a)のように中空導体Cで包む。Aが正電荷をもっているとすれば静電誘導によってCの内側表面には負電荷が現れ,外側表面には正電荷が現われる。ここで導体BをCに近づけるとBの表面には図のような電荷分布が現れる。

そこで図3・2(b)のように導体Cを接地すれば,表面の正電荷は大地に逃げる。Cは大地と同電位になり,BはAの影響をうけなくなる。このようにA・B間の静電誘導を接地により遮断することを静電しゃへいという。静電しゃへいは電子機器の回路間の静電誘導を防ぐために利用される。

 

3・3 静電容量

 

039-1.gif

図3・3のように,A導体とB導体を誘導体をはさんで対向させ,乾電池によって電位を与えれば,A導体には+Qの電荷,B導体には-Qの電荷が蓄えられる。

この場合直流であるから電流は流れない。そして,与えた電位〔V〕と,生じた電荷Q〔C〕とは比例し次の関係式で表される。

 

039-2.gif

 

Cは比例定数で,その導体の静電容量と呼ばれ,ファラド〔単位記号F〕が使われる。1〔F〕は導体の電位を1〔V〕高めるのに必要な電荷が1〔C〕であるような静電容量である。静電容量の単位ファラド〔F〕のほかにマイクロファラド〔μF〕ピコファラド〔pF〕=マイクロマイクロファラド〔μμF〕などが用いられる。

注: 1〔F〕=106〔μF〕=1012〔μμF〕 1〔μμF〕=1〔pF〕

この静電容量をもたせる目的で作った装置を静電コンデンサ又は単にコンデンサという。

〔応用〕 実際には,多数の金属板を平行に並べ,1枚おきにつないだり,2枚の

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
118位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
108,429

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その2)](中級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)艤装工事及び保守整備編
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)法規編
4.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](強電用)
5.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](弱電用)
6.船舶電気装備資格者名簿
7.船舶電気装備技術講座[電装生産管理編](上級用)
8.船舶電気装備技術講座[SOLAS条約と国内関連法規編(電気設備)](上級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](機器保守整備編)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級用)
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その1)](初級用)
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級用)
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級用)
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級用)
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[船舶法規編](中級用)
16.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級用)
17.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](基礎理論編)
18.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](装備艤装工事編)
19.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)基礎理論編
20.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
21.弱電ハンドブックの作成に関する中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から