日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成9年度事業報告書

 事業名 国際海事展への参加
 団体名 日本船舶輸出組合  


Converted Ship

 

Fishery Training Ship TENYO MARU

 

After the completion of the third version of the TENYO MARU, it became necessary to extend and upgrade various equipments and installations used for practice and observation, and to do same to living compartments, etc. The bulk of these modifications were necessitated by the increase in the number of female students -a reflection of the sudden change of the social situation that was underway in Japan and other countries- changes in the way navigators were being trained in seamanship, the establishment of the 200-mile zone, etc.

Therefore, work to extend the hull by 5.50m was started in January, 1996 at Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Shimonoseki Shipyard. The extension work was completed on March 25 of the same year.

Thus, the international tonnage of the third version of TENYO MARU is now 1,020gross tons (716tons in domestic gross tonnage), and the hull, various equipment, and installations have been changed completely.

 

145-1.jpg

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
693位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
13,975

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「Posidonia’98」写真
2.「国際海事展への参加」の報告書
3.SEMINAR ON PORT MODERNIZATION AND ENVIRONMENTAL PRESERVATION(Alexandria)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から