日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成9年度事業報告書

 事業名 国際海事展への参加
 団体名 日本船舶輸出組合  


Product Carriers

 

N O L SAGITTA, D/W 47,000MT Product Tanker

 

N O L SAGITTA designed and built by Onomichi Dockyard as a product tanker with a double-hull, double-bottom structure that satisfies the U.S. Oil Pollution Act of 1990.

The Vessel is able to carry crude oils and petroleum products in 14 cargo oil tanks segregated into four groups plus port and starboard slop tanks providing a total capacity of 53,600m3.

Loading/discharging of cargo oil is handled by 4 sets of convensional cargo pumps of which capacity is 1,000 m3/h×120m T.H. each.

The Vessel is powered by MAN- B & W 6S50MC (Mark-V) with a higher energy efficiency, and designed the service speed of 1 5.3knots, which would yield a fuel consumption of 32.9tons/day and an endurance of 15,100 nautical miles.

 

045-1.jpg

 

045-2.gif

 

PRINCIPAL PARTICULARS

 

Length(o.a.)……………182.50m

Length(b.p.)……………172.00m

Breadth(mld.)……………32.20m

Depth(mld.)……………19.10m

Draft(mld.)……………11.35/12.65m

Gross tonnage……………28,433

Deadweight……………40,703/47,172MT

Main engine……………MAN-B & W 6S50MC(Mark-V)

MCR……………11,640PS×127rpm

NOR……………10,480PS×123rpm

Speed(max.trial)……………16.267knots

(service)……………15.3/15.0knots

Complement……………25

Classification……………NK

Cargo pump……………1,000m3/h×120mT.H.×4

Loading capacity(tank)……………53,616m3

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
13,931

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.「Posidonia’98」写真
2.「国際海事展への参加」の報告書
3.SEMINAR ON PORT MODERNIZATION AND ENVIRONMENTAL PRESERVATION(Ankara)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から