日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


効力がいちばん弱い群は非オピオイドです。非オピオイドとは痛みの局所に作用して痛みを緩和する薬です。代表薬はアスピリンです。セデス,アセトアミノフェン,ポンタール,ボルタレン,インドメタシンはこの群の薬です。効力のいちばん弱い群ですから,軽い痛みを対象に用いる薬です。強い痛みを訴えているのに,非オピオイドのみを使っているのは,痛みは新幹線なのに対抗する薬は自転車のような状態で,とても満足な効果はあがりません。十分に効くはずがないのです。

効力がもっとも強い薬は強オピオイドで,中間は弱オピオイドです。オピオイドとは,脳や脊髄などの神経組織にモルヒネ用物質が結合する部位(オピオイド受容体)に作用して痛みを緩和する薬の総称です。また麻薬とは依存性が強いために法律で麻薬に指定されている薬のことを指します。麻薬には中枢作用の薬と末梢作用の薬とがあります。オピオイドには麻薬に指定されているものと指定されていないものとがあります。

そのため,オピオイドの中には麻薬・向精神薬取締法による規制が厳しい薬とそれほど厳しくない薬とがあるわけです。病院内での保管や扱い方などに違いがあります。病院で行うべき規制は法律で決められていますが,法律による規制は医療に使う薬を使いにくくしないように配慮しています。しかし病院によっては規制が強くて麻薬を処方するのが面倒だという声を聞きます。その多くは,間違いがあっては困るという心配から,必要以上に厳しい院内自主規制をしているためではないかと思います。

麻薬処方箋には処方者が麻薬施用者の免許の番号,サイン,押印が必要と思っている人が多いのではないでしょうか。いまの法律では,院内処方箋には,施用者のサインがあれば押印は要らないのです。氏名にゴム印を使うような場合には押印が必要です。国が要求している以上に厳

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
898位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,732

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から