日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


2分と短く感じたそうです。傍に座るということは,「いまの私の時間をあなたに独占させる」ということを意味します。立っているのは,片足は患者さんのほうを向き,片足はドアのほうに向いているため,いつ去ってしまうかという不安を患者に与え,大事な話が引き出せなくなるのです。

痛みの治療について,病院の医師に質問してみました。A群は癌患者の痛みの治療に非常に関心が高く,医師と看護婦が痛みの問題についての院内教育をかなりよく受けている病院の医師です。B群はあまり関心が高そうもない病院です。どちらも立派な施設の病院です。

質問の一つに,「どの程度の鎮痛効果が得られていればいいと思いますか」というのがありました。A群では73%の医師が「次の投与時まで完全除痛が得られている状態」と答えています。ところがB群では同様の答えはわずか35%から得られたにすぎません。

「除痛は十分だと患者さんは言うけれども,少しは痛むことがあってもいい」という答えは,A群では20%以下ですが,B群では41%でした。

目標を高く掲げていると,成績はよくなりますが,目標を低く設定していると,治療成績不振の原因となります。事実,日本における癌患者の痛みの除痛率は全国有名大病院400余りの看護婦による評価では,ようやく50%を超したところです。たかが痛みといっていながら,それの除痛率がまだ低いのです。これで最新医療技術を駆使しているといえるのでしょうか。

ところが,痛いという患者さんにきちんと医療対応しようとの方針をとり,必要な薬さえあればどの地域のどの科の医師にも実施できる治療法,すなわち鎮痛薬による治療法を採用した私の病院では,86%の患者さんの痛みが消え,11%の患者さんの痛みが大幅に緩和しました。ただ図式的に鎮痛薬を投与していたのでは,このようなよい成績が得られま

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
856位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
11,383

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から