日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


心身症のいろいろ

では、代表的な心身症をいくつかあげてみましょう。

(1)過呼吸症候群
こころの動揺、不安、依存欲求がこうじると、呼吸が頻繁になり、吐く息が吸う息に追いつかず、次第に息苦しくなって、ひいては手足がしびれたり、意識がもうろうとなったりします。見かけはたいへん派手で、周囲の人は驚きますが、決して死ぬような病気ではありません。
これがおこりそうな予感がしたら、長く息を吐き出すことを2〜3回繰り返すと、発作を防ぐことができます。発作がおきてしまったら、ビニールか紙の袋を鼻と口にかぶせて、20〜30秒そのまま呼吸し、袋を離して呼吸するということを何度か繰り返すと、症状はおさまります。

(2)過敏性腸症候群
急激な腹痛と下痢が緊張時に生じるのが典型ですが、長い経過の中で、下痢と便秘を交互に繰り返す交互便のタイプ、あるいはガスが大量にたまり排ガスが主症状になるタイプ、そして下痢タイプと、だいたい3つに分類されます。
症状が激しく現れる初期には、整腸剤、安定剤、あるいは抗うつ剤を服用します。
経過中には、そのおおもとの原因である精神面の過緊張、生来の性格行動習慣の点検調整、そして緊張する癖を緩和するなどの指導を受けて、気長に治療をつづけてください。

(3)その他の症状
精神的な緊張から筋肉が緊張する癖がつきますと、習慣性の頭痛、肩こり、顎関節症(特に就寝中に歯をくいしばり、そのため顎の筋肉が緊張をつづけて痛くなり、口が開かなくなる)などの症候が習慣づいてしまいます。これらの治療も緊張心をいかに緩和するかがカギになります。

病気は生活の中でつくられるものです。「こころはからだの運転手」ということを常にこころに銘記して、賢く自分をコントロールして、毎日を過ごすようにしてください。

財団法人 ライフプランニングセンター
健康教育サービスセンター発行
〒102-0093 東京都千代田区平河町2−7−5 砂防会館5F TEL03(3265)1907

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,599位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
879

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
4.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
5.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
6.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
7.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
8.ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から