日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

内航船近代化のための実証試験事業報告書

 事業名 内航船近代化のための実証試験
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


4.2 アクチュエータシステムの有効性

4.2.1 CPP・特殊舵・バウスラスタの有効性

内航近代化実証船のアクチュエータは、CPP、特殊舵(フラップ舵)およびバウスラスタである。

(1) CPPの有効性

CPPの翼角を調整することによって前後進を連続的に制御することが可能となっている。港内でバースへのアプローチや前後位置を調整する段階では前進速力・後進速力の制御を頻繁に、かつ、正確に行う必要がある。このとき在来船(FPP)では、主機の正転・逆転ならびに各々の回転数を調整しなければならないが、内航近代化実証船(CPP)ではCPPの翼角調整で済むことになる。図4-2-1に着桟操船におけるCPPによる速力調整の一例を示す。

この例は港内で岸壁シフトをした状況である。時間7分から57分まで、主機回転数はほぼ250rpmで一定であるが、11分からのプロペラ翼角の示度に伴い船速が増加している。

また、25分からは翼角を落として船速を逓減している。さらに40分からは翼角を適宜後進・前進として船速を調整している様子がうかがえる。

084-1.gif

(2) 特殊舵(フラップ舵)の有効性

特殊舵は従来の舵に比べて舵面積が大きく、舵効きがよいと言える。

また、フラップ舵は大舵角をとった場合、前進方向の水流は若干は残るものの、プロペラ水流の大部分を正横方向に偏向することが可能であり、特に着離桟操船における船尾の制御に有効である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
831位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
11,921

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「内航船近代化のための実証試験」の報告書
2.高度技術創出環境に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から