日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


23.海洋汚染物質 (MARINE POLLUTANTS)

24.化学的危険性を有する固体ばら積貨物の運送

25.バルクパッケージングによる固体危険物の運送

26.中型容器(IBCs)

27.廃棄物の運送

 

4.3.3 規定の概要

 

コードは、4.3.2項に述べた内容で構成されているが、その規定の概要を以下に述べる。

(1)適用

コードは、原則的にはSOLAS条約の適用船舶に適用されるが、各国に対しては適用除外船(総トン数500トン未満の船舶、機械推進でない船舶、原始的構造の木船、遊覧船、ヨット、漁船等)についてもできる限り適用することが要請されている。

(2)分類

危険物の分類は、危険物の基本要件を定める国連勧告に従いSOLAS条約第Z章A部第2規則において9分類され、コードではこの分類をさらに区分している。分類及び区分を次に示す。

クラス1 火薬類

等級1.1 大量爆発の危険を有する火薬類

等級1.2 大量爆発はしないが、飛散危険を有する火薬類

等級1.3 大量爆発することはなく、飛散危険及び爆発効果は小さいが火炎危険を有する火薬類

等級1.4 著しい危険性を有しない火薬類

等級1.5 大量爆発の危険性を有するが、非常に鈍感な火薬類

等級1.6 大量爆発の危険を有しないが、極めて鈍感な物品

クラス2 高圧ガス

高圧ガスの種類として圧縮ガス、液化ガス、溶解ガス及び深冷液化ガスがある。

クラス2.1 引火性高圧ガス

クラス2.2 非引火性非毒性高圧ガス

クラス2.3 毒性高圧ガス

クラス3 引火性液体類

クラス3.1 低引火点引火性液体(F.P.<-18℃)

クラス3.2 中引火点引火性液体(-18℃≦F.P.<23℃)

クラス3.3 高引火点引火性液体(23℃≦F.P.≦61℃)

クラス4 可燃性物質類

クラス4.1 可燃性物質

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
407位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
24,831

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
2.「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から