日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「離島航路の整備に関する調査研究」中間報告書

 事業名 離島航路の整備に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


自治体用

期日:平成9年11月13日

自治体名:鹿児島県下甑村

 

◆地域振興とその課題

 

本村は、住んでよし・訪れてよしの「新・竜宮の里」づくりを基本理念として、地域の振 興計画を推進している。その中核をなすものは、水産業を主体としての地場産業の振興であり、島の自然環境を生かした観光産業の振興である。

その振興を図るためには、道路・港湾・漁港の整備であり、また、交流人口の増加を図る ための航路改善は最重要課題である。

町村合併については、将来的には考えなければならない問題であるが、現段階では住民のコンセンサスも得られていないし、時期早計であると考えている。

また、現在のような陸上、海上の交通事情では、合併してもより以上に住民に不便を与えることになる。

 

◆港湾及び海上交通体系整備についての課題

港湾、漁港については、整備されつつあるが、現在の航路体系では鹿児島までの一日生活圏(日帰り)にないため、フェリーの大型化、高速化が必要である。

そのためには、フェリーを高速化し、寄港地を串木野を起点に上甑島一港、下甑島一港として、三角航路とし、1日2便以上の体制とする。また、寄港地の集約に合わせての島内交通基盤(道路)の整備が必要である。

高速船シーホークについては、フェリーが寄港しない港に寄港し、これも1日2便体制にするような航路体系が望まれる。

高速フェリーの三角航路では不便があるとすれば、現行のフェリーと高速船を一体化した小型高速フェリーを二隻建造して、上甑島一隻、下甑島一隻として配船すれば、下甑島における鮮魚の運搬も改善することができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,749位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
5,709

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.「離島航路の整備に関する調査研究」の報告書
2.「九州における物流情報化に関する調査研究」中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から