日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「離島航路の整備に関する調査研究」中間報告書

 事業名 離島航路の整備に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


は し が き

 

本報告書は、当センターが『日本財団』の平成9年度から2カ年にわたる補助事業として実施した「離島における地域開発の進展に伴う海上交通体系の整備に関する調査研究-甑島における海上交通体系整備をモデルケースとして-」の平成9年度研究成果を中間報告書としてとりまとめたものであります。

九州における離島の多くは人口の減少、産業の停滞等の大きな問題を抱えており、民生は、本土と比較して極めて低い水準にあります。

九州の場合、全国の中でも離島が多く、それぞれの離島においては様々な振興策が検討され、あるものは具体的に推進されています。

離島における振興策の大きな柱である観光客誘致や島内産業の振興、さらには島民の教育・福祉・医療等の生活分野においても効果的な海上交通体系の整備は極めて重要な課題であります。

本調査では、九州の離島における海上交通体系の整備の方向を探るとともに、現在就航しているフェリーの更新の時期が近づいている「甑島」をモデルケースとして取り上げ、甑島地域の活性化の方策を検討し、その基盤となる海上交通体系の整備のあり方を明らかにすることを目的として実施するものであります。

このため本年度は、離島の自治体に関するアンケート調査、甑島の旅客航路利用者に対するアンケート調査、観光客アンケート調査及びヒアリング調査を実施し、問題点と課題を明らかにしました。

次年度は、本年度の調査結果を踏まえ、離島住民に対するアンケート調査、九州及び東京・大阪等の住民に対する観光ニーズ調査を実施し、さらに詳細を検討し、諸方策を提言することとしています。

この報告書が関係者の方々にいささかなりともご参考になれば幸いです。

おわりになりましたが、本調査研究を取りまとめるにあたって終始ご指導、ご協力を頂きました鹿児島大学法文学部松本教授をはじめ各委員、関係官公庁並びに調査にご協力頂きました関係の方々に、改めてお礼を申し上げます。

 

平成10年3月

 

財団法人 九州海運振興センター

会  長 邑本 義一

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,747位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
5,676

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.「離島航路の整備に関する調査研究」の報告書
2.「九州における物流情報化に関する調査研究」中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から