日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

フランスの出生動向と家族政策−少子・高齢化に関する国際研究−

 事業名 高齢化社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


049-1.gif

 

子どもの世話を誰がするかという問題が発生するのは、子どもが3歳になるまでの期間である。

3歳末満の幼児226万人のうち、母親が自宅で世話をしているのは半数強で、すでに1割近くの子どもが母親学校に通っており、約3割は資格を持った保母や託児所(クレッシュ)などに預けられている【図表3-11参照】。子どもたちを早くから就学させるのは、必ずしも主婦が外に働きに出ることが理由ではない。2歳児で就学している子どもたちの場合、仕事を持っている母親は、持っていない母親より僅かに高い程度である。なお管理職に就いている母親の場合には、他の母親たちは共同託児所が多い都市部に住んでおり、高めの費用も払うことができるからである。また社会の上層部の女性たちは、子どもが早く社会に溶け込むことが重要だと考える傾向があることも原因になっている。

 

● 夫の家事参加

女性の就業機会が多くなったことにより、女性は家庭においても自立を確立した。これは離婚申請の75%強が妻の側から出されていることにも示されている。しかし家庭では、炊事洗濯掃除などの毎日欠かせない家事が相変わらず女性の肩にかかっていることには変わりない。1990年のアンケート調査では、夫の約6割は特に受け持っている家事はないという結果が出ている。男性が受け持つのは、暖炉用の薪を運ぶことや車の洗浄である。ただし料理、窓ガラスを磨くこと、掃除、食器洗い、買い物、食卓を整えるなどは、時に応じて夫婦の間でどちらがするかを決める場合

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
129,922

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.札幌市高齢移動者実態調査研究報告書
2.21世紀・高齢社会における横浜市民の生活環境に関するモデル調査研究報告書
3.東アジア地域高齢化問題研究−都市の少子高齢化と高齢化社会対策シリーズ?T−
4.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
5.「高齢化社会対策推進のための調査研究等」の報告書
6.「交通安全母の会による地域の交通安全活動の手引き」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から