日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

フランスの出生動向と家族政策−少子・高齢化に関する国際研究−

 事業名 高齢化社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


序 文

 

既にわが国では、総人口に占める高齢人口の割合が年少人口の割合を上回る状況にありますが、今や高齢化先進各国でも、高齢化の要因が少子化の進展にあることが共通の認識になっております。

当エイジング総合研究センターは、このような現状に鑑み、昨年から新たな国際研究として北欧・ヨーロッパの高齢化先進国における少子高齢化研究をスタートさせ、昨年度はスウェーデンの調査研究を実施いたしましたが、今年度は、ヨーロッパ各国に先駆けて高齢化を経験し、早くから出生に関する社会政策を推進しているフランスを研究対象国に調査研究をいたしました。

フランスは、その歴史的過程において出生動向に関連する社会政策を長い間にわたり推進しておりますが、現在ではその多様性においても顕著であり、20余種類もの家族手当給付が社会保障制度の大きな柱として存在しております。本調査研究では、フランスにおける人口と出生率変化、家族の在り方の変貌、家族政策の変遷等について、出生動向変化と政策内容を縦横の軸にすることで包括的な調査研究を心掛けました。

調査研究の実施と報告書の纏めにつきましては、その労を多とされたフランス在住の大島順子氏(フランス高齢者問題委員会特別研究員)と研究推進について有意義なアドバイスを戴いた岡崎陽一・当研究センター理事等関係各位に対し心から感謝申し上げる次第です。

最後になりましたが、昨年度に引き続きこの国際研究プロジェクトをご理解戴き、研究助成下さった日本財団に対して深甚より感謝申し上げます。

本編が皆様の活動の一助になれば幸いです。

 

1998年2月

 

社団法人 エイジング総合研究センター

 

理事長 高 木 文 雄

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
129,922

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.札幌市高齢移動者実態調査研究報告書
2.21世紀・高齢社会における横浜市民の生活環境に関するモデル調査研究報告書
3.東アジア地域高齢化問題研究−都市の少子高齢化と高齢化社会対策シリーズ?T−
4.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
5.「高齢化社会対策推進のための調査研究等」の報告書
6.「交通安全母の会による地域の交通安全活動の手引き」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から