日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


ソ連構成共和国としてのウクライナ共和国が生まれ、ウクライナ人は、16世紀のリトアニアとポーランドの合同以来初めて、この地の主人と宣言された。ロシア革命以降、ポーランド人とユダヤ人に替わって、ロシア人がドニエプル川以西にようやく移住して来るようになった。つまり、今世紀、左岸ウクライナと右岸ウクライナとは(ウクライナ人とロシア人が支配的な民族であるという点で)ある程度は同質的な社会となったのである。

第二次世界大戦前夜、ソ連はハリチナを併合し、これによりソ連邦構成共和国としてのウクライナは全国土を統一した。独ソ戦が始まると、ハリチナでは、スターリニズム、ナチズム、ポーランド人、ユダヤ人を一掃してハリチナを民族的に浄化することを目指すウクライナ・パルチザン軍(UPA=ウパ)がゲリラ戦を展開した。彼らは大戦が終わっても生き延び、1950年代末まで掃討されることはなかった。スターリニズムは、戦後にはハリナナからポーランド人を追い出し、ハリチナのユダヤ人も、スターリニズムとナチズムの相継ぐ占領下で大打撃を蒙った。

つまり、右岸ウクライナで起こった脱ポーランド化、脱ユダヤ化がハリチナでも起こったのである。

1917年以降ようやく始まったドニエプル以西へのロシア人の進出は、現地のウクライナ人にとっては、農業集団化に伴う飢饉、大チロル、ウクライナ語の衰退、チェルノブイリ事故などの諸悲劇と不可分の出来事であった。19世紀以前のウクライナ人が、反ポーランド、反ユダヤの文脈で自己意識を形成したとするならば、20世紀のウクライナ人は、ロシア人との対抗において民族意識を形成した。

総じて、20世紀ウクライナ史の趨勢は、「脱ポーランド化」「脱ユダヤ化」「ウクライナ化」「ロシア語化」の四つの概念に集約される(16)。ウクライナ民族主義的な考え方をとる人は、「ロシア語化」と「ロシア化」を混同して、20世紀のウクライナは「ロシア化」=「脱ウクライナ化」されたのだと主張することがしばしばだが、これは、19世紀のドニエプル川以西のウクライナがいかにポーランド的であったか、ユダヤ的であったかを無視する議論である。

以上の歴史を反映して、ウクライナには、正教会キエフ総主教座、正教独立教会(avtokefal'na tserkva)、グレコ・カトリック、正教会モスクワ総主教座、カトリックの五つのキリスト教系宗派が存在する。カトリック教会の勢力は1917年革命以前にはドニエプル川にまで達していたが、既述の事情でポーランド系住民がウクライナから追放されたことを反映して弱体化した。グレコ・カトリック教会は、ポーランドとリトアニアが合同し、ウクライナがポーランド領となった16世紀の末に、現地正教住民を旧教化するために創出された宗教である。旧教と正教が「合同」した建前をとっており(そのため、合同教会、ユニエイトなどと呼ばれる)、ローマ法王の

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,243位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
8,733

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から