日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第1章 調査研究の視点:基礎自治体の自己編成力をめぐって

     〜資源・制度・創造的合意形成〜

 

1 はじめに:分権化と基礎自治体の充実

現在、地方分権化の動きが進んでいる。それなりの経済的豊かさを達成した今、より豊かな生活を実現するには《地域社会づくり》が欠かせない。分権化の背後には、このことを人々が自覚するようになってきたという事情がある。豊かな地域社会づくりは、地域がそれぞれの実情に応じて創意・工夫・努力しなければならないし、それを促し支援するような地方制度を必要とする。

生活の豊かさは、経済力に支えられた高水準の個人消費だけでは不充分である。人々が生活場として共有する社会システムそのものが豊かにならなければ、真の豊かさは実現しない。確かに、社会・経済・産業のための国家レベルのインフラは整ってきた。また、地域社会レベルでも全国共通に必要とされるような標準的行政も整ってきた。しかし、日常生活に密着した基礎自治体・市町村レベルの地域社会システムはいまだきわめて不十分な状態にある。特に、景観や安全も含めた生活空間のありようは豊かさからほど遠い。また、高齢者介護を中心とした地域福祉システムは今やっと構築が始まったばかりである。いくら経済力がつき個人消費の水準が上がったとしても、生活と密着した身の回りの空間環境や社会的仕組みが充実していなければ生活の豊かさを実感できない。生活の空間環境を整備する《まちづくり》と人間らしい生活を支える《地域福祉システムづくり》がハード・ソフト噛み合って豊かな《地域社会づくり》となる。このような《地域社会づくり》はいうまでもなく基礎自治体の課題である。しかも、《まちづくり》は公私の諸事業を編成・統合して都市計画として推進しなければ実効が上がらない。また、《地域福祉システムづくり》では、それぞれの人のニーズに適応した保健・医療・福祉の適切な組み合わせを提供できる柔軟な統合的システムが要請される。こうした地域社会づくりは中央政府主導による画一的遂行になじまないし、非効率ですらある。地域の実情に応じた創意・工夫・努力によって行政を再編・統合することこそが要諦となる。

われわれは、基礎自治体の充実なくして、生活の共有基盤である豊かな地域社会システムを実現することはできない。しかし、現行の地方制度はもはや限界を露呈している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,428位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
6,594

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
10.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から