日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


6.風景

 

常北町は広い平地、桂村は低い山地と平地、御前山村は那珂川を挟んだ盆地、七会村は出がちの地形と、本地域の4町村はそれぞれ特徴的な地形を有し、一方で本地域全体とすれば、隣接した一定の範囲に多様な自然がコンパクトにまとまっているという魅力を有する。

田園風景の価値は、多様な自然環境、多様な生物層、多様な植物層があると同時に、それらがヒューマンスケール性(人間的な規模)や地域性などによって統一的なイメージをもって映し出されることにあり、本地域の農村においても水田や茶畑、地形に沿って配置された農家の家並みなど、田園風景としての価値を十分に有している。

また、田園風景はただ立ち止まって眺めるだけではなく、歩きながらその広がりやつながってゆく景色を体感することで、より一層魅力を増す。現在は点としての景観には所々に光るものがあるが、線としてそれらを結びつける道の魅力はまだ不十分であるといわざるを得ない。田舎歩きをレクリエーションとして機能させるために、地域特有の美しさを追求するとともに、みせるための仕掛けづくりも必要である。

最後に、本地域は春の花、夏のキャンプ場、秋の実りなどに地域性の豊かな資源が存在するが、冬にはあまり特徴ある資源はない。しかし田園風景の中では四季の移り変わりを田畑の状況や生えている植物、活動している昆虫や動物などの姿から目にすることができる。冬だけを切り取ってレクリエーション機能の割り当てを考えなくとも、田園風景をレクリエーション資源として認識できれば、時間性や四季性に限定されない、活用方法に幅のあるレクリエーションが可能になる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,299位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
7,414

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
5.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
6.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
7.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
8.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
9.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
10.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から