日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


(4) 近代における文化人の関わり

榛名山は万葉の昔から歌に詠まれるほど文芸と深く関わってきたが、近代においても榛名山を多くの文人が訪れ、俳句、短歌、詩、紀行文なども多く残されている。

徳富蘆花は、明治31年(1898年)に訪れた伊香保を舞台に、代表作「不如帰」を発表し、伊香保の名が全国に広く知れ渡った。蘆花は、自らこの地を「生の策源地」と称して、夫人をともなって度々伊香保を訪れている。

竹久夢二は、大正8年(1919年)に初めて榛名湖を訪れ、その風光にひかれた夢二はその後度々足を運ぶようになった。昭和5年(1980年)には産業美術の振興を図るための拠点づくりをしようと、「榛名山美術研究所」宣言文を発表し、榛名湖畔にアトリエを建設した。

土屋文明は、明治23年(1890年)榛名山のふもと、上郊村(現在の群馬町)に生まれ少年期までを過ごし、上京後多くの歌集を発表している。昭和20年(1945年)吾妻郡原町(現在の吾妻町)への疎開で、榛名山を背にした静かな自然の中で畑を耕す生活の中から歌集「山下水」が生まれた。また、歌集「青南集」の一首「青き上に榛名を永久の幻に出でて帰らぬ我のみにあらじ」など、故郷を歌った歌が多く残されている。

彼らの榛名山への思いから、榛名山の自然やふもとの人々の生活を「日本の心のふるさと」として想起させることができる。

 

3 社会・産業条件

 

(1) 人口

榛名山麓を構成する10市町村の総人口は、平成7年現在で約17万8,000人で、15年前に比べ約1万7,000人(3.5%)が増加している。人口の多くは山麓の東南部に集中しており、人口増加も東南部の前橋市や高崎市などの市街地に近い地域で著しい。

年齢別人口比率では、年少人口が減少する一方で老年人口が増加しており、生産人口は横ばい状態にある。

021-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,594位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
5,597

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
4.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
5.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
6.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
7.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
8.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
9.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
10.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から