日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

第11回日本バレエフェスティバル プログラム

 事業名 日本バレエフェスティバルの開催
 団体名 橘秋子記念財団 注目度注目度2


プティパが、往年の勢力が衰えた時期の1900年にゴルスキーが改訂演出をし、現在のドン・キホーテ全幕は、このゴルスキー版に依るものであるが、このゴルスキーの改訂には、プティパは賛意をもたなかったと云うことである。

「グラン・パ・クラシック」

“Grand Pas Classique”

音楽●O.F.オーベ一ル/O.F.Auber
振付●V.グゾフスキー/V.Gsovsky
作曲者のオーぺ一ル(DanielFrancois−EspritAuber1782〜1871)は、フランスの19世紀前半のオペラ作曲家で、序曲で知られる「ポルティチの唖娘」、田谷力三の歌声で知られた「フラ・ディアボロ」など、オペラを50余曲も作曲したと伝えられる。オペラ・コミックの為に作曲した歌劇「マルコ・スパダ」は、後にオペラ・バレエに改作された。
ここに使われている音楽は、オーべ一ルの作曲したいくつかのオペラの中から、振付のグゾフスキーによって選ばれたものである。
振付のグゾフスキー(VictorGsovsky1902〜1974)は、ロシア生まれの振付師、名教師で、戦前の1925年ベルリン国立歌劇場のバレエ・マスターを皮切りに、マルコヴァ=ドーリン・カンパニー(1937)、そしてパリ・オペラ座のバレエ・マスターをつとめ、晩年はハンブルグ国立オペラのバレエ・マスターとなった翌年に、古いバレエ「ラ・シルフィード」を、パリ・オペラ座版の音楽(シュナイツホッファー作曲)で、復活上演の振付をしたことでも知られている。この際は、ディアギレフの片腕といわれていたボリス・コチィノとローラン・プティの協力で、パリのシャンゼリセ劇場で公演され、前述のローラン・プティとニナ・ヴィルボヴァが主役を踊った。
「グラン・パ・クラシック」は、オペラ座のバレエ・マスター時代に、古典パ・ド・ドゥの形式で創作された彼の名作で、やはりバランシンが古典グラン・パ・ド・ドゥの形式で創作した、いわゆる「チャイコフスキーのパ・ド・ドゥ」と双壁をなすものである。このバレエは、イヴェット・ショビレの為に作られ、1949年にショビレとスコラトフによって初演された。以来、世界各国のプリマ・バレリーナ達のレパートリーとなり、バレエ・コンクールの演目にも加えられるようになった。

「ジェンツァーノの花祭り」よりパ・ド・ドゥ

Pas de deux from

“The Flower FestivaL in Genzano”

音楽●E.ヘルステッド/E.Helsted
振付●A.ブルノンヴィル/A.Bournonville
振付のオーギュスト・ブルノンヴィル(1805−1879)は、デンマーク・ロイヤルバレエの中興の祖といわれ、いわゆるブルノンヴィル様式のバレエは、現在でも世界のバレエ界を席巻している。
「ナポリ」「ラ・シルフィード」などがあり、一幕物として「コンセルバトーリ」「ジェンツァーノの花祭り」などがあげられる。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンと、アレクサンドル・デュマの作品にヒントを得、ローマ近郊のアリシアとジェンツァーノでの実在の花祭りの情景を描いた一幕物のバレエ作品であるが、現在ではその中のパ・ド・ドゥのみがバレエ・コンサートの演目となっている。
音楽は、「ナポリ」や「コンセルバトーリ」「ブルージュの祭り」などのブルノンヴィル作品に協力した作曲家、E.ヘルステッド(E.Helsted)とH.パウリ(H.Paulli)によって、1858年12月にコペンハーゲンの王立劇場で初演された。
今回踊られるパ・ド・ドゥの部分の作曲者は、E.ヘルステッドである。

「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」

“Tchaikovsky Pas de deux”

音楽●P.l.チャイコフスキー/P.l.Tchaikovsky
振付●ジョージ・バランシン/GeorgeBalanchine
前にも述べたように、バランシンは、チャイコフスキーの音楽を愛し、チャイコフスキーの音楽によるバレエを数多く創っている。
このバレエは、クラシックのグラン・パ・ド・ドゥの形式で、創作されたものであり、同じものとして、やはりグラン・パ・ド・ドゥ形式でグゾフスキーが創った「グラン・パ・クラシック」がある。
音楽は、チャイコフスキーが「白鳥の湖」の為に作曲しながら、結局使われず、草稿のまま埋もれていたのを、チャイコフスキーの死後1953年に、ブルメイステルによって発見されたものである。
元来は、黒鳥の踊りの為のパ・ド・ドゥの音楽として作曲されたものともいわれ、ブルメイステルによる、モスクワダンチェンコ劇場版の「白鳥の湖」では、この曲の冒頭部分が使われている。又、女性舞踊手の為のヴァリエーションは、チャイコフスキーによってオーケストレーションされていたが、他は、ピアノ譜のスケッチのままで、後にシェバーソンによってオーケストレーションされた。
このチャイコフスキー自身がオーケストレーションされた曲は、ジャック・カーター振付のパ・ド・フィア

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
656位
(30,729成果物中)

成果物アクセス数
14,526

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月13日

関連する他の成果物

1.「日本バレエフェスティバルの開催」の報告書
2.11月公演「コッペリア」開催案内
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から