日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

国際協力結核予防セミナー報告書(開催地インドネシア・ベトナム)

 事業名 国際協力結核予防セミナーの開催
 団体名 結核予防会 注目度注目度5


"ワン・デイ・セミナー・イン・ジャカルタ"

インドネシア

結核予防セミナー開催

平成8年12月12日/ジャカルタ

 

137-1.gif

 

アジア各国で結核対策を推進する人材の底辺を広げるためのセミナーが、結核予防会の主催で昨年12月12日、インドネシア連邦ジャカルタ市において開催されました。講師として、島尾会長、結核研究所和田臨床学研究科長、スピナッチ医師(WHO)、リサ医師(IUATLD-国際結核肺疾患予防連合)が現地に赴きました。

 

●結核対策により多くの分野の人の参加を●

 

当地では2回目となるこのセミナーですが、「結核対策は直接結核に携わっている人だけが行っていてはだめだ」ということで、今回は医師以外も招き、その中には世界銀行からの出席者もありました。総数76名。またこの中には14名もの結核研究所の国際研修卒業生が参加していました。

スピナッチ医師の講義ではWHOが進めているDOTS-直接監視下短期化学療法の説明がされ、これによって中国では90パーセントの治療率をあげていることなどが紹介されました。現在ではまだ世界人口の23パ‐セントしかDOTSを受けることができない状況なので、WHOは今後もDOTSを普及していくための努力を続けていくということです。島尾会長監修によるDOTS普及用のビデオも上映されました。これは、多剤耐性結核やDOTSなどをアニメーションでわかりやすく説明したものですが、参加者から「識字率の低い地域ではこういった教材がふさわしい」という感想がありました。

質疑応答ではBCGの効果や開業医への啓蒙についてなど様々な質問があり、参加者の熱心さがうかがえました。

 

●おわりに●

 

インドネシア全27州は1万3千以上もの島々からなり、東西の距離は5千キロ(これはアメリカ大陸より長いそうです)にもなるそうです。このような広大な国で結核対策を行っていくには、リーダーとなる政府機関と各地域の医師や施設、そしてNGOとの連携がますます重要となっていますが、その強化には苦慮しているようです。私は改めて、結核予防会の支部や婦人会という地域レベルの強い連携はもっと評価されるべきであり、だからこそより改善していかなければならないのではないかと感じました。

最後に本セミナーを後援いただいた財団法人日本船舶振興会に謝意を表します。

本部普及課 久末雅子

 

137-2.gif

参加者の皆さんと

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,901位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
2,143

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「国際協力結核予防セミナーの開催」の報告書
2.GAP AT THE KOBOKAN
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から