日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成8年度 山口県実習指導者養成講習会集録「ふれあい」

 事業名 看護研修会館の増築
 団体名 山口県看護協会 注目度注目度5


 

・家族構成:妻と結婚一人暮らし 三人兄弟の末っ子
兄の一人は県外、一人は市内に在住しているが、面会はない。
・性格:短気で頑固だが気が弱い。
・病気の理解:肝硬変と知っている生活指導されたことは守られていない。
・既往歴:50才時、慢性肝炎(アルコール性)
・現病歴:5年前よりアルコール性肝炎にて外来通院。
3年前、黄疸、低蛋白、腹水貯留が認められ入院、肝硬変と診断。退院後外来通院していたが、今回、肝性脳症による意識混濁状態のところを近所の人に発見され、緊急入院となった。
・受け持つまでの患者の状態:入院時は、肝性脳症の為のせん妾状態で腹水も強く、失禁もあったが治療とともに症状が快方に向かった。現在は意識も清明で失禁も殆どなくなっている。しかし、黄疸による掻痒感、腹水、満腹感、食欲低下、悪心、体動による呼吸促進等の症状は持続している。
合併症として、胃・食道静脈瘤はあるが内視鏡検査にて出血の危険性はない。高血糖はあるが、治療の必要はない。
・受け持ち時の状況:重症個室より4人部屋に移る。
排泄:ベット上、便尿意は自分で告げられる。
食事:ファーラー位にて自分で摂取可能。
清掃:全身清拭(全面介助を要す)
体動:自力で側臥位可能、坐位不可能。
治療:点滴及び利尿剤の与薬、ラクツロース経口与薬
V 場面設定をした全身清拭の実習指導案の作成
学生は、実習第3週1日目の実習である。
1〜2週と患者の情報を収集し、看護計画が立案でき、コミュニケーションも少しとれてきた。この患者に清潔の援助の必要性を認識し、全身清拭を計画してきた。患者は、昨日より38℃台の発熱があり解熱剤にて今は解熱しているが、体力は消耗している

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
187位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
66,561

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.平成8年度 教育計画
2.「看護研修会館の増築」の報告書
3.「はじめまして!訪問看護ステーションです」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から