日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成8年度 山口県実習指導者養成講習会集録「ふれあい」

 事業名 看護研修会館の増築
 団体名 山口県看護協会 注目度注目度5


 

第9回山口県実習指導者養成講習会に思う

「教えるとは」「学ぶとは」

山口県立中央病院
副看護部長 白石日出子
今回の講習会は、6週間というカリキュラムに変わりはありませんでしたが、7月15日から9月27日までの約2ヵ月半、梅雨の最中から仲秋の名月を観るに至る長期間の研修となりました。
或いは集い、あるいは学習したことを現場に持ち帰り確認することができるという、よい意味での理想的な展開になったと思います。
我が国の発展は、世界に類を見ないほどの急速な高齢化を生み、長寿社会を築きあげてきました。この対応が、いま看護学校のカリキュラムの改正にまで及び、看護学生は講義時間が多く、臨床での実習が少なくなってきました。その分、学生は、何がこの患者に必要で、何をすればよいのかを実際に学ぶ機会が少なくなったということになります。「看護は実践の科学である」がゆえに、現時点では、看護教育から臨床実習を抜きにして考えることはできません。実習場のありかた、役割が問われるところとなる所以だと思います。
この講習会はそのために開かれるものであり、演習をとおして、自分の病院に学生が実習に来たときどうするかという現場に密着したところにその最終目標をおき、基本的援助法を学ばせるための指導案を作成することとなりました。テーマを「清潔への援助」とし、学生の設定をレギュラーコースの3年生(全課程の学習を終えている)として、受講生7グループに分かれ演習をしていただきました。この演習中、これまでの自分達の経験を振り返りながら、ディスカッションを繰り返し、概念の統一、学生観、教材観、指導観など、メンバーの個別性を大切にしながらの作業の過程に大きな学びがあったと思っています。9月26日の発表の日には、7グループそれぞれに違った観点からの全身清拭の指導案でしたが、いずれも現場に持ち帰ってすぐに使える指導案に出来上がっていました。
学ぶこと以上に人を指導することは難しいことだと思いますが、自分に看護に対する情熱がなくては始まりません。
私は、以前、当院の院内研修の講師の方から、ルイ・アラゴンの「教えるとは希望を語り、学ぶとは誠実を胸に秘めることである」という言葉を紹介された。また他の講師からは「われ以外、皆、師なり」という言葉も紹介していただいた。
看護婦が希望を語るとは、看護の何たるかをしっかりと掴み、それを説き、引き継いでいくことだと思って聴きました。また、患者や、学生から学ぶことのなんと多いことか実感していますし、今回、この演習に参加させていただき、受講生から学ぶことの多かったことに感謝しています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
187位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
66,412

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.平成8年度 教育計画
2.「看護研修会館の増築」の報告書
3.「はじめまして!訪問看護ステーションです」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から